商品/サービス考察辞典-OK辞典⇒⇒
幼児向け子供の学習教材を選んでみよう!

幼児期は、「できた」という「成功体験を積み重ねて自信をつけたり」、

学ぶ楽しさ・考える楽しさ」を覚えたり、「親子のコミュニケーションを

深めたり
」、「熱中できる何かを探したり」、「子供の才能を伸ばしたり」する

とても大切な時期だと言われています。その為、幼児期から学習を開始

する事は非常に良い事
なのですが、幼児向けの学習教材・学習方法

には色々な種類があって何を選ぶのが子供にとって最適なのか?

正直、迷ってしまいますよね。ここでは、学習教材を比較し、

お子様の学力UPに最適なオススメの学習教材を紹介していきたい

と思います。お子様にピッタリな学習教材を探してみて下さいね。


お子様にピッタリな学習教材を選ぼう!!
(1)学習教材・学習方法の種類から選ぶ
(2)各教材のPRポイントから選ぶ
(3)各教材のかかる費用から選ぶ
(4)各教材の口コミ・評価・評判から選ぶ
(1)学習教材・学習方法の種類から選ぶ

幼児向けの学習教材・学習方法について記載してみました。

①こどもちゃれんじ(0歳~6歳)


②ポピー(2歳~6歳)



③学研ゼミ(2歳~6歳)


④はっぴぃタイム(2歳~6歳)


⑤Z会(3歳~6歳)


⑥ドラゼミ(3歳~6歳)


比較してみると、0歳からの学習教材があるのは、

こどもちゃれんじだけである事がわかりました。

次にそれぞれの学習方法のメリット・デメリットを調べてみる事にしました。


メリット

1、ゲーム感覚で楽しく学習できる

2、動画で説明してくれるのでテキストよりわかりやすい

3、その場で自動採点してくれる!

4、子供の学習時間やドリルの正答率を管理画面でチェックできる

5、いつでもどこでも学習ができる

6、テキストがたまらない

デメリット

1、タブレットの費用がかかる

2、勉強せずに、インターネットで変なサイトや動画を見てしまう
  可能性がある


3、子供がタブレットを壊してしまう可能性がある!

4、液晶画面ばかり見てしまう為、目が疲れる・悪くなる

5、机で学習する習慣が身につかない

6、文字を書く量が減る為、子供の基礎学力が低下する

7、タブレット学習だと、選択式の問題が多くなってしまい、
  子供が当てずっぽう解答してしまう危険性がある!


8、テキストを印刷するのが面倒である!

メリット

1、課題・テストの提出期限がある為、子供のやる気が続く

2、添削担当の先生とのコミュニケーションによって、やる気が継続する

3、机で勉強する習慣が身につく

4、タブレット費用がかからない

5、タブレットを壊してしまう事がない

6、タブレット学習に比べて、目が悪くならない・疲れない

7、文字をしっかり書いて学習する為、漢字や計算等が記憶に残りやすい!

デメリット

1、教材で解いた問題を個別担任に郵送して、チェック(添削)して
  もらい返却してもらう作業が面倒な為、長く続ける事ができない


2、テストを解いても、解答が返却するまで、答えがわからないのは、
  時間の無駄


3、苦手科目の把握が困難

4、前の学年に戻って復習する事ができない

5、テキストがどんどんたまってしまう

6、机でないと勉強ができない為、継続して続けるのが難しい

7、テキストでの学習は、動画よりわかりずらい

メリット

1、子供が解いた問題を親が〇付けするので、親子のコミュニケーション
  を図ることができる


2、子供と一緒に考えながら、勉強を進めていく事ができる

3、机で勉強する習慣が身につく

4、タブレット費用がかからない

5、タブレットを壊してしまう事がない

6、タブレット学習に比べて、目が悪くならない・疲れない

7、文字をしっかり書いて学習する為、漢字や計算等が記憶に残りやすい!

8、問題を解いたらすぐ答え合わせができる為、時間の無駄がない!

デメリット

1、子供が解いた問題を採点する手間がかかる

2、子供の勉強のスケジュール管理を実施していく必要がある

3、添削がない(担当による〇×やアドバイスがない)=提出期限がない
  ので、勉強の習慣が身につかない

5、テキストがどんどんたまってしまう

6、机でないと勉強ができない為、継続して続けるのが難しい

7、テキストでの学習は、動画よりわかりずらい


というメリットとデメリットがある事がわかりました。

タブレット学習は、いつでもどこでも学習できたりゲーム感覚で

楽しく学習できる
反面、机で学習する習慣が身につかなかったり、

文字を書かない為、漢字や計算等が記憶に残りにくかった
り、

タブレットを壊してしまったりする事もあるようです。

やはり、学習方法それぞれにメリットとデメリットがありますね。

お子様にピッタリな学習教材を選ぼう!!
(1)学習教材・学習方法の種類から選ぶ
(2)各教材のPRポイントから選ぶ
(3)各教材のかかる費用から選ぶ
(4)各教材の口コミ・評価・評判から選ぶ
(2)各教材のPRポイントから選ぶ

各教材の学習内容・PRポイントについて記載してみました。

①こどもちゃれんじ(0歳~6歳)

(学習内容:ひらがな、数・図形・英語・生活習慣・自然・思いやり・ルール/マナー)

1、「できた」の成功体験を積み重ねる事で、学ぶ楽しさや知りたい気持ちを
  引き出す事ができる!


2、「しまじろう」と一緒に学習できるので、飽きずに続ける事ができる!

3、毎月、親子で楽しめる付録がついてくるので、親子のコミュニケーション
  を深める事ができる!


4、身体を動かしながら、楽しく英語を学べる

5、国語・算数・英語の他に生活習慣・自然・思いやり・ルール/マナーも
  身につける事ができる!



②ポピー(2歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・身体を動かした遊び)

1、親子のコミュニケーションを深めるきっかけを作る教材となっている!

2、勉強だけでなく、身体も動かす事で、「脳」をバランスよく育てる事を
  目標としている!

3、絵本で、知識の他に発想力・想像力を身につける事ができる!

4、身の回りへの興味・関心を高められる教材・好奇心を刺激する教材
  になっている!

5、迷路・間違い探し・クイズなどの楽しい問題を取り入れる事で、
  「頭を使うことが好きになれる」教材となっている!


③学研ゼミ(2歳~6歳)

(学習内容:文字・数・知恵)

1、「子供が熱中できる何か?」を探せる教材となっている!

2、子供向け動画や読書、新聞も楽しめるようになっており、
  子供が身の回りの色々な事に興味を持てるような教材となっている!

3、かわいいキャラクターと一緒に学べるので、やる気が継続する!

4、音声・映像付きで説明してくれるのでテキストよりわかりやすい!

5、迷路・間違い探し・クイズなどの楽しい問題を解きながら、
  子供の考える力を養う事ができる!


④はっぴぃタイム(2歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・英語(4歳から)・右脳の力を伸ばす訓練)

1、幼児の大切な時期に右脳(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を
  認識する器官)
のトレーニングを実施して(1)絶対音感、(2)瞬間記憶力
  (3)イメージ力(想像力)、(4)インスピレーション力(創造力)
  (5)高速計算力の力を伸ばす!!

2、絵本を使って親子のコミュニケーションを深める事ができる!

3、ゲーム感覚で文字や数を覚える事ができる!

4、DVDを使って身体を動かしながら、右脳を鍛える事ができる!

5、4歳からは英語を学んび、数百語もの英単語を自然に覚えらるようになる!


⑤Z会(3歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・実体験・ワーク学習)

1、「自ら進んで学ぶ力」を養う事を目標とした教材となっている!

2、「自分でできた!」という達成感や「もっとやりたい!」という意欲を
  引き出す為の教材となっている!

3、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感をフルに使って遊びながら、
  「考えるきっかけ」が散りばめられた教材となっている!

4、楽しみながら、文字・数を学べる教材となっている!

5、親子で一緒に楽しみながら学べる教材になっており、親子の
  コミュニケーションを深める事ができる!!


⑥ドラゼミ(3歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・考える力を養う)

1、子供に人気の「ドラえもん」と楽しく学べる!

2、パズルや間違い探し等の遊びを通じて、お子様の観察力や
  推理力、想像力/創造力、考える力を伸ばす事ができる!


3、ストーリー仕立ての構成になっている為、飽きずに続ける事ができる!

4、親子で楽しく学んで、親子のコミュニケーションを深める事ができる!

5、子供の育て方に関するヒントやアドバイスを書いた冊子をもらえる!


比較してみると、各教材共に「子供に学ぶ楽しさを教え」、「考える力

を養う
」事が目的となっていますね!ただ、子供によって、向き不向きは

必ずあります
ので、もし気になる教材が見つかりましたら、無料体験や

無料サンプル教材/資料をもらって試して頂けると良い
と思います。

お子様にピッタリな学習教材を選ぼう!!
(1)学習教材・学習方法の種類から選ぶ
(2)各教材のPRポイントから選ぶ
(3)各教材のかかる費用から選ぶ
(4)各教材の口コミ・評価・評判から選ぶ
(3)各教材のかかる費用から選ぶ

年齢別に価格表を作成してみました。

【0歳】
教材の名前 金額
こどもちゃれんじ 月額:2,036円(税込)


【1歳】

教材の名前 金額
こどもちゃれんじ 月額:1,697円(税込)


【2歳】
教材の名前 金額(安い順)
学研ゼミ 月額:540円(税込)~
ポピー 月額:980円(税込)
こどもちゃれんじ 月額:1,697円(税込)
はっぴぃタイム 月額:4,212円(税込)


【3歳(年少)】
教材の名前 金額(安い順)
学研ゼミ 月額:540円(税込)~
ポピー 月額:980円(税込)
こどもちゃれんじ 月額:1,697円(税込)
ドラゼミ 月額:1,998円(税込)
Z会 月額:2,060円(税込)
はっぴぃタイム 月額:4,212円(税込)


【4歳(年中)】
教材の名前 金額(安い順)
学研ゼミ 月額:540円(税込)~
ポピー 月額:980円(税込)
こどもちゃれんじ 月額:1,944円(税込)
ドラゼミ 月額:2,268円(税込)
Z会 月額:2,700円(税込)
はっぴぃタイム 月額:4,212円(税込)


【5歳(年長)】
教材の名前 金額(安い順)
学研ゼミ 月額:540円(税込)~
ポピー 月額:980円(税込)
こどもちゃれんじ 月額:1,944円(税込)
ドラゼミ
月額:2,268円(税込)
Z会 月額:2,800円(税込)
はっぴぃタイム 月額:4,212円(税込)


総合して値段が安い教材は、

学研ゼミ(2歳~6歳)

(学習内容:文字・数・知恵)


ポピー(2歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・身体を動かした遊び)


こどもちゃれんじ(0歳~6歳)

(学習内容:ひらがな、数・図形・英語・生活習慣・自然・思いやり・ルール/マナー)


の順番になっている事がわかると思います。

お子様にピッタリな学習教材を選ぼう!!
(1)学習教材・学習方法の種類から選ぶ
(2)各教材のPRポイントから選ぶ
(3)各教材のかかる費用から選ぶ
(4)各教材の口コミ・評価・評判から選ぶ
(4)各教材の口コミ・評価・評判から選ぶ

各教材の口コミ・評価・評判について記載してみました。

①こどもちゃれんじ(0歳~6歳)

(学習内容:ひらがな、数・図形・英語・生活習慣・自然・思いやり・ルール/マナー)


【良い評価】

1、子供が「しまじろう好き」だと、途中で飽きずに続けていける!

2、子供の年齢に合ったおもちゃが届くので楽!

3、自然と周りの事に興味を持ち優しい気持ちが育つように工夫されている!

4、大人向けの冊子がついてきて、悩みに対するアドバイス等が
  記載されており、子育ての参考になった!


5、おもちゃは角が丸くなっていたりして安全面にとても配慮されているので、
  安心して遊ばせる事ができた!


6、しまじろうのDVDが子供にとても好評だった!

【悪い評価】

1、教材・付録が増える一方なので、整理に困る!

2、布類は舐める事が多く、衛生面で気になった!

3、「しまじろうに飽きてしまう」と、急に遊ばなくなってしまう!


②ポピー(2歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・身体を動かした遊び)

【良い評価】

1、他社のようにおもちゃはないが、子供達の興味を引く工夫は
  随所にあり、楽しく進めることができる!


2、価格が他の教材に比べて安い!

3、内容がシンプルで、子供が集中して出来る分量・内容を考えて
  作られている!

4、余計な付録がないので、整理が楽!

5、工作・体操・料理・物語等が載っていて、親子で楽しく
  遊ぶ事ができる!

6、教材はオールカラーで見やすい!

7、指先を使う事が多い為、手先が器用になれる!

【悪い評価】

1、キャラクターが他の教材に比べてかわいくない!


③学研ゼミ(2歳~6歳)

(学習内容:文字・数・知恵)

【良い評価】

1、気軽にいつでもどこでも勉強ができる!

2、キャラクターがとてもかわいい!


3、コンテンツが豊富で子供が熱中できる!

4、1コンテンツあたりの値段が安い!

5、音声・映像付きだから、テキストに比べて子供が楽しく学習できる!


【悪い評価】

1、1コンテンツの価格は手頃だが、動画・新聞・辞書のコンテンツも
  組み合わせると、1ヶ月2,000~3,000円程度の費用が発生する!

2、実体験など、体を使った学習がなく、メイン教材としては不十分だと思う!


④はっぴぃタイム(2歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・英語(4歳から)・右脳の力を伸ばす訓練)

【良い評価】

1、漢字の成り立ち、絵描き歌、そろばん、指運動など
  学習内容満載のDVDが楽しい!

2、オリジナル絵本は、脳の教育に非常に良い作りとなっている!

3、子供のもっている能力を最大限に引き出す事ができた!

4、色々な事に興味を持つようになり、語彙も豊富になり、記憶力も伸びた!

5、簡単な英語を話せるようになった!

【悪い評価】

1、他の教材に比べて子供が飽きやすい!

2、基礎能力重視の為、考える力が身につかない!

3、右脳教育は科学的な根拠がないとも言われている!


⑤Z会(3歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・実体験・ワーク学習)

【良い評価】

1、体験学習を行う事で、子供の考える力を養う事ができる!

2、親子のコミュニケーションも深める事ができる!

3、「答えが1つでない問題がある」為、子供の考える力を養う事ができる!

4、子供との接し方・勉強の教え方に関する冊子がついており、
  不安を解消できる!

5、小学生の自由研究につながる内容も多く、充実している!

【悪い評価】

1、親が忙しく時間が取れないと、この教材を利用する意味がない!

2、教材が簡単なので物足りない!



⑥ドラゼミ(3歳~6歳)

(学習内容:国語・算数・考える力を養う)

【良い評価】

1、ドラえもんと一緒に学習できるので、子供が飽きずに続ける事ができる!

2、教材が届くのは年4~5回のみだが、しっかりと子供の成長が
  考えられた教材が届く!


3、子供の「考える力」がすごく伸びる!

4、付録が、しっかりと長く使える物が多い!

5、子供が1人で机に向かって勉強するようになった!

6、子供と一緒に楽しく学習する事ができた!

7、1日2ページなので無理なく続ける事ができる!

【悪い評価】

1、教材がシンプルで物足りない!

2、ドラえもんだけがクローズアップされていて、遊びの要素が少ない為、
  飽きて、なかなか手をつけてくれなくなった!



各教材のPRポイントや価格や体験者様の口コミ/評価/評判をまとめて

みましたが、お子様に合いそうな教材は見つかりましたでしょうか?

各教材ともに無料体験サンプル教材や資料は無料でもらえますので、

もし気になった教材があれば、お試し・資料請求してみて下さい!


お子様にピッタリな学習教材を選ぼう!!
(1)学習教材・学習方法の種類から選ぶ
(2)各教材のPRポイントから選ぶ
(3)各教材のかかる費用から選ぶ
(4)各教材の口コミ・評価・評判から選ぶ
商品/サービス考察辞典-OK辞典トップへ戻る