視力0.05以下の見え方(世界)を
両目で視力0.03の僕が解説


僕は昔、ゲームをやり過ぎた事もあり、
視力が両目で0.03しかありません(>_<)

なので、
家の中であってもメガネなしでは生活できませんし、
毎日、朝起きたら、すぐにメガネをかけて、
夜寝る時だけ、メガネを外す生活です(>_<)

当然、視力検査で、1番上の大きな穴がどっちに
空いているかもわからない状態です(>_<)

全然、見えんわ(>_<)
これだけ目が悪い人って・・・

どんな見え方をしているのか?

生活していて不便でないのか?

とっても気になりませんか?

そこで、
両目で0.03の私が見え方を再現してみました。


視力0.05以下の見え方


視力が0.03しかないと・・・

メガネなしだと怖くて外出する事ができない

銭湯に行った時もメガネがないと何も見えない為、
 メガネを外せない


③わずか、手元から、30cm離しただけで、スマホの画面は
 まったく見えなくなり、本を読むこともできなくなる


たった1mの距離でも人の顔を認識できない

⑤メガネがなければ、テレビを見たり、パソコンを
 操作したりできない

洗面所の鏡で自分の顔や髪型を確認できない

⑦仮に裸眼で何かを見ようとすると、ピントが全然合わないので、
 何度も目を細めたりしている内に目から涙がどんどん出てきて、
 顔中が涙まみれになってしまう


メガネをかけず何かを見ようとすると、目を細める為、
 目つきが悪いと言われる


メガネを外すとどこに何が置いてあるかわからなくなる

メガネを誤って、いつもと違う場所に置くと、
 置いてある場所がわからなくなる・誤って踏んで
 壊してしまう事がある


信号や照明の光が巨大な花火に見える

といった不自由を私は感じています(>_<)
メガネなしだと生活できんわ(>_<)
他の目が極端に悪い方の口コミ
他の目が悪い方の口コミも調べてみたよ!!!
メガネなしだと人の顔が判別できない

信号が花火に見える

夜や雨が降った日は、町全体が宝箱に見える

少し離れたら、ジャンケンしても何を出しているかわからない

毎日、月が満月に見える

目の前のPCの文字が見えない

読める・読めないの前に文字が書いてある事がわからない

ベージュ色の服着てる人が裸に見える

メガネを見失うと絶望感を感じる

メガネを他の人に取り上げられるのが怖い

寝ている時に大きな地震が来て、置いてあるメガネが
 壊れるのが怖い


といった口コミがありました。

他の方の口コミにあるように、メガネなしだと、
夜は、ライトがすべて大きな花火に見えるので、
町全体が輝いて見えます
し、三日月も大きな満月に見えます。

また、
目の前のPCの文字も黒い点にしか見えません(>_<)

総評

視力が0.1以下だと、

文字が見えない

人の顔が見えない

どこに何が置いてあるかわからない

から、メガネなしでは生活できません。

目が悪いと、生きていくのがとても不便です(>_<)

なので、
目の酷使にはくれぐれも注意して下さいね!

関連記事

ピンホールメガネ(視力回復/矯正メガネ)は効果なし?
視力0.03の僕が使って口コミ(評価/評判)してみた


私の体験談辞典-OK辞典