就活で30社連続面接不合格だった
僕が内定できた理由【体験談】


今まで、
しっかりした面接を受けた事がない学生にとって、
就活の面接って未知の領域で、自己PRでどんな
内容を話せばいいか?良く分かりませんよね。
何をアピールすればいいか?
よくわからんわ(>_<)
そんな事情もあり、
私は、30社連続で就職の面接に落ちた経験が
あるんです(>_<)


大学時代は空手部に入り、初段を取得したり・・・
英検2級等の資格を取得したり・・・
色々な職種のアルバイトを経験したり・・・

と就活で有利に立てる活動をしてきた
つもりだったんですが(>_<)

まったく面接通過できませんでした(>_<)
何がダメなんだろ~~~(>_<)
私は深く悩みました(>_<)

そんな時・・・・・・・・・

1つの考えが思い浮んだんです!

企業側の立場になって自己PR文を変えて
みてはどうだろうか?と・・・!

企業が一番求めているのは、
企業の発展に貢献できる人物」だと考えました。

特に民間企業の場合、利益を生み出せなければ、
倒産してしまう為、会社の発展に貢献できる人物のみ
を採用したいと思っているはず・・・

そこで、
私は、自己PR文を、
「私は、〇〇をして、〇〇という結果を生み出せた
実績があります」

という文章から・・・

「私は、〇〇をして、〇〇という結果を生み出せた
実績があり、御社がこれから取り組もうとしている〇〇という
事業の〇〇の部分で貢献できます。」

というふうに具体的な例を挙げて会社の発展に
貢献できる人物である事をアピールしてみたんです!


そうした所、
なんと、 5社中2社から内定をもらう事ができました(^^♪

やった~~~(^^♪


なんとか就職浪人せずに、東証一部上場企業へ
就職できました!!!


これから就職活動を控えている方は、「会社の発展に
貢献できる人物である」事をPRすると、面接合格率も
グッと高くなります
ので、ぜひ、実践してみて下さいね(^^♪

他の方の口コミ
他の方が考える効果的な自己PRも
チェックしてみよう!!!

企業が求める人物像に合う強みをアピールする

困難に直面した際に行動した事、そこから学んだ事を
 アピールする


アピールポイントは1つに絞る

書類の自己PRとリンクした内容にする

エピソードを交え具体性や客観性をもたせる

その企業で実現できるキャリアプランを伝える

企業目線で即戦力となるスキルをアピールする

結論⇒理由や経験⇒仕事で活かせる事の順で述べる

客観的な評価・評判を取り入れる

志望企業への熱意がある事を伝える

採用要件を満たす資質、適性がある事を伝える

自分自身の強み・弱みを正しく認識し、それを
 伝える力がある事を伝える


といった事を意識すると、面接突破の確率が高まる
事がわかりました。

やはり、具体的なエピソードを交えながら、

採用要件を満たす資質・適性がある

企業の即戦力となれる

企業で実現できるキャリアプランがある

事を伝えると、面接合格率は高まるようです。

また、自己PRは、面接官にわかりやすく伝わるように、
まずは、自分で読んでみて、面接官にわかりやすい
文章構成や話し方を意識する
必要があります。

そして、自分が面接官だったら、採用するかどうか?を
客観的に分析する事が大事
です。

このように、就職活動で内定を勝ち取る為には、
自分の長所・経験が活かせる会社を探す必要がありますよ。

新卒向け
参加者内定率96%のMeetsCompany

第二新卒・フリーター向け
第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!



私の体験談辞典-OK辞典