TOPへ戻る
漢和辞典(漢字辞典)でおすすめは?
OK辞典作成に使った辞典を紹介!
僕は、【漢和・漢字辞典-OK辞典】を作成する
際に、【新漢語林】を参考に、独自の考えも
取り入れながら、作成してる
んだけど、

新漢語林(掲載漢字数:1万4,313字、
熟語数:約5万語、ページ数:1,951)は、

漢字の成り立ちの移り変わりが他の漢字・
漢和辞典よりも詳しく・わかりやすく記載されて
いる
から、とてもオススメなんだ。

また、漢字の成り立ちから、意味を連想させて
覚えると、漢字の理解力をグンと高める事が
できる
んだ。
確かに、ただ闇雲に漢字を覚えるよりも、
成り立ちから、意味を連想させながら、漢字を
覚えた方が圧倒的に理解力は高まる
わね。
例えば、宀(うかんむり)は、「山の形をした屋根
を持つ家」の象形だから、家屋や屋内の状態など
に関する漢字が出来てるんだ。
(例:など)

学校の先生が、漢字の成り立ち・歴史から、
子供に漢字を教えてくれれば、理解力も
全然、違ってくる
んだけど、僕が小学校の
頃は、まったく教えてくれなかったからね。

恐ろしい漢字の成り立ちの歴史(漢字の起源)
また、部首や読みから、漢字を検索する
際も見やすくて・分かりやすくて・使いやすい
からオススメ
なんだ。
つまり、

漢字の成り立ちが細かく掲載されている
 から、漢字の理解力を深めやすい


見やすい・分かりやすい・使いやすい

漢字の検索がしやすい

から、子供から大人まで、
すべての人にオススメって訳ね。
本当、漢字の理解を深める為に、
日本のすべての人に、使って欲しい
漢字辞典だと思っているよ。

ぜひ、みんなも
アマゾン楽天で【新漢語林】を買ってみてね。

【漢和・漢字辞典-OK辞典】運営者より
私の体験談辞典-OK辞典