漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒⇒⇒漢字の歴史は?
漢字の歴史は?(いつ生まれた?)

みなさんが文字を書く時に書いている漢字ですが、漢字はいつ頃から

使われるようになったのでしょうか?漢字の歴史を追ってみました。

漢字とは?・・・古代中国に発祥を持つ文字の事を言います。

人類史上、最も文字数が多い文字体系であり、その数は

10万文字をはるかに超え他の文字体系を圧倒しています。

漢字の発祥は、紀元前2500年頃黄帝の時代に「砂浜を歩いた鳥

の足跡を参考に作った文字が初めての漢字
」だと言われています。

現存する最古の漢字は殷(紀元前17世紀-紀元前1046年)の時代に

占いの結果を書き込む為に使用された「甲骨文字」です。

この甲骨文字は物の見たままを描く象形文字でした。

その後、指事文字会意文字形声文字が続々と誕生していきました。

象形文字、指事文字、会意文字、形声文字の違いはこちら

また、漢字の書体は、簡略化の為、甲骨文(こうこつぶん)金文(きんぶん)

篆書体(てんしょたい)隷書体(れいしょたい)楷書体(かいしょたい)

変化していきました。中国で生まれた漢字は、朝鮮ベトナム日本

シンガポール
マレーシアに広まりました。これらの漢字を使用する

周辺諸国を包括して漢字文化圏と呼びます。

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る