漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒⇒⇒恐ろしい漢字の成り立ちの歴史(漢字の起源)
恐ろしい漢字の成り立ちの歴史(漢字の起源)

みなさんが文字を書く時に書いている漢字ですが、漢字はいつ頃から

使われるようになったのでしょうか?漢字の歴史を追ってみました。

※漢字とは、古代中国に発祥を持つ文字の事を言います。
人類史上、最も文字数が多い文字体系であり、その数は
10万文字をはるかに超え他の文字体系を圧倒しています。

漢字の発祥は、紀元前2500年頃黄帝の時代に「砂浜を歩いた鳥

の足跡を参考に作った文字が初めての漢字
」だと言われています。

また、現存する最古の漢字は殷(紀元前17世紀-紀元前1046年)

時代に占いの結果を書き込む為に使用された「甲骨文字」です。

当初、漢字は王のみが使用し、亀の甲羅や牛の骨に

書いた漢字に焼けた青銅の棒を当ててできた「卜(ボク)」という

ひびの形から吉凶を判断していました。(「」というひびについての

吉凶を王が口にした事から「」という漢字ができたと言われています。)

また、殷の神は好んで人の頭を食べると考えられていた為、

異民族である「羌(キョウ)」が生贄(いけにえ)として捧げられて

いました。(その数は見つかった人骨だけで1万数千体にも及びます。)

だから、漢字には「」、「」、「」、「」、「」等の人の頭部を表す

漢字が多く使用されているのです。殷は従わない異民族を生贄(いけにえ)

として使い、他の部族のみせしめとしていた為、他の部族からの反感

を買い、紀元前1046年に周を中心とした周辺部族によって滅ぼされました。

周の時代となり、漢字は、人と神とを繋ぐ物から人と人とを繋ぐ物へと

変化
しました。周は漢字を使って多くの言葉が異なる部族を束ねた

のです。たくさんの人が使う文字の中で音(オト)ではなく、意味を

表す文字は世界でただ1つ、漢字のみ
です。漢字は意味を表す為、

話し言葉が違っても意思を伝える事ができるという秘められた力を

持っていた
のです。その後、漢字は、簡略化の為、甲骨文(こうこつぶん)

金文(きんぶん)篆書体(てんしょたい)隷書体(れいしょたい)

楷書体(かいしょたい)と変化していきました。そして、中国で生まれた

漢字は、朝鮮ベトナム日本シンガポールマレーシアに広まって

いきました。これらの漢字を使用する周辺諸国を包括して漢字文化圏

呼びます。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。資料は、
名前住所電話番号を入力するだけでもらう事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら



漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る