漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「痛」という漢字
「痛」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「痛」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「いたむ

 ア:「病気や傷などのに、肉体的な苦しみを感じる」(例:激痛)

 イ:「精神的な苦しみ(悩み・悲しみ・うらみ)を感じる」(例:心痛)

②「いたみ

 ア:「病気や傷などによる肉体的な苦しみ

 イ:「精神的な苦しみ(悩み・悲しみ・うらみ)」

③「いたましい(見られないほどかわいそうである、目をそむけたく
  なるほど、ひどい出来事である)
」(例:沈痛)

④「厳しい」、「激しい」(例:痛責)

⑤「厳しく」、「激しく

[痛・傷・悼の使い分け](いたむ)

」・・・「心や体の苦しみ」(例:歯が痛む)

」・・・「傷や破損」(例:体を傷める、道路が傷む)

」・・・「人の死についての悲しみ」(例:母を悼む)

成り立ち

会意兼形声文字です(疒+甬)。「人が病気で寝台にもたれる」象形(「病気

の意味)と「甬鐘(ようしょう)という筒形の柄のついた鐘」の象形(「筒の

ように中が空洞である、つきぬける
」の意味)から、「身体をつきぬけるような

いたみ
」を意味する「痛」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ツウ

常用漢字表外:「トウ

訓読み:「いた(い)」、「いた(む)」、「いた(める)

常用漢字表外:「いた(わしい)」、「や(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

12画

部首

疒(やまいだれ(病垂))

「疒」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る