漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「跳」という漢字
「跳」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「跳」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「足を使って、おどる」、「足を使って、とびあがる
  「足を使って、はねあがる」(例:跳躍)

②「液体などがはじけてとび散る

②「つまずく(歩いていて、誤って足先に物が当たってよろける)

③「活気があって動き回る」、「身体をはねおどらせる」(例:跳身)

④「速く走る

⑤「逃げる」、「走り去る

日本のみで用いられる意

⑥「はねる

 ア:「見物人から入場料をとって演芸やスポーツを見せるその日
    の行為が終わる


 イ:「芝居などで、観客の入りがよくなる

⑦「はね(衣服などにとびちった泥)

[飛・跳の使い分け](とぶ)

」・・・「空中を速く動く。」(例:鳥が飛んでいる)

」・・・「足を使って跳びあがる。」(例:走り幅跳び)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「胴体の象形と立ち止まるの象形

(「」の意味)と「占いの時に亀の甲羅に現れる割れ目」の象形

(「きざし(前触れ)」の意味だが、ここでは、「弾け割れる」の意味)から、

はねあがる」、「おどる」、「つまずく」を意味する「跳」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「チョウ

訓読み:「と(ぶ)」、「は(ねる)

常用漢字表外:「おど(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

13画

部首

𧾷(あし、あしへん(足偏))

「足・𧾷」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る