漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「足」という漢字
「足」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「足」は小学1年生で習います。「足」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「あし

 ア:「動物の、胴体から分かれ、身体を支えたり歩行に
    使ったりする部分


 イ:「くるぶし(足首の関節の内外両側にある突起した)
    からの部分


 ウ:「歩くこと」、「走ること」(例:足の速い選手)

 エ:「などの動くようすを足に見立てていう
   (例:細い雨の足)

 オ:「行くこと」、「来ること」(例:客の足が途絶える)

 カ:「りもの」(例:足がなくて、田舎にいけない)

 キ:「 (もち) などの粘り

 ク:「損失」、「借金」(例:足が出る)

 ケ:「過去の相場の動きぐあい」(例:ローソク足)

 コ:「につかる部分

②「ふもと(の部分)()」

③ 「たりる(十分に備わる)

④「止まる(とまる・どどまる)

⑤ 「よしとして許す

⑥「踏む

⑦ 「たす(添える増す)

⑧「過ぎる(程度が普通の状態をはるかに超えている)

⑨「へつらうさま(の気に入るように振る舞う)

⑩「そく(はき物を数えるのに用いる数詞)

[足・脚の使い分け](あし)

」・・・人間や動物のあし。また、その動き。(例:足音)

」・・・支える部分。人間・動物以外の動き。(例:机の脚)

成り立ち

指事文字です(+)。「の胴体」の象形と「立ち止まる」の象形

から、「あし(や動物のあし)」を意味する「足」という漢字が成り立ちました。

また、本体にそなえるの意味から、「たす(添える増す)」の意味も

表すようになりました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ソク

訓読み:「あし」、「た(す)」、「た(りる)」、「た(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
たらし」、「たり」、「たる」、「なり」、「みつ」、「ゆき

画数

7画

部首

足・𧾷(あし、あしへん(足偏))

「足・𧾷」を含む漢字一覧

部首解説:
「足」が(左右にわせてできている漢字の左側の部分)に
つくと「𧾷」になる。「足」をもとにして、足の各部の名称や足に
関係する動作・状態を表す漢字ができている。

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る