漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「水」という漢字
「水」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「水」は小学1年生で習います。「水」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「みず

 ア:「水素と酸素との化合物。透明で無味無臭の液体。
    セ氏温度が0となるとに、100(99.974)に
    なると水蒸気になる。まれ、
    動物や植物が生命を維持するのにも必要不可欠な
    物質である。


 イ:「などと区別して、温度のくない「ア」

 ウ:「大雨などのため、などの「ア」があふれて
    などに「ア」が入る
」(例:水につかる、大水、洪水)

 エ:「のもの」(例:ひざに水がたまる、水銀)

 オ:「相撲で力水 (ちからみず) の

 カ:「勝負が長引いたとき、一時中止させる」(例:水入り)

 キ:「建築で、水平、または水平をあらわす

 ク:「庭園などに「ア」を入れ流れるようにしたもの」(例:遣水)

 ケ:「」、「」、「」、「」(反意語:)

 コ:「邪魔」、「故障」(例:水をさす)

 サ:「い」、「暗示(物事を明確にはさず、手がかりを与え
   それとなくらせること)
」(例:水を向ける)

②「潤(うるお)う」、「しみこむ

③「水を汲む」、「水を使ってする仕事をする

④「五行のつ(四季では、方位は、五星では辰星、
  五音では、十干では・癸)


十干とは、(こう)・(おつ)・(へい)・(てい)・(ぼ)・
  (き)・(こう)・(しん)・(じん)・癸(き)の総称の事を言う
  (生物が生まれてから死ぬまでの循環過程を分けしたもの)

⑤「平らにする

⑥「七曜の1つ(水曜日)

七曜とは、える惑星を五行と対応させた火星・水星・木星・金星・
  土星と、太陽・わせたつの天体の言う

⑦「水素の」(例:水爆)

成り立ち

象形文字です。「流れる」の象形から、「みず」を意味する

「水」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「スイ

訓読み:「みず

常用漢字表外:「みづ」、「

名前(音読み・訓読み以外の読み):
たいら」、「」、「なか」、「みな」、「」、「ゆく

画数

4画

部首

水(みず)

「水」を含む漢字一覧

部首解説:
「水」が漢字の下部に付くく「」のとなる。また、
「水」が(左右にわせてできている漢字の左側の部分)に
なるは「」のとなる。「水」をもとにして、水・の名前、
また、水の状態や水を伴う動作に関する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る