漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「壬」という漢字
「壬」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「壬」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「みずのえ(十干の第九位。五行では水、方位では北にあてる)

十干とは、甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・
  己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の総称の言う
  (生物が生まれてから死ぬまでのの循環過程を分けて表したもの)

五行とは、 木・火・土・金・水の言う。また、五行思想とは、
  すべてのは木・火・土・金・水から成り立っているという考え
  事を言う

②「へつらう・おもねる(人の気に入るように振る舞う。)

③「はらむ(妊娠する)

④「大き

成り立ち

象形文字です。「はた糸(織物を織る時の糸)を巻きつけた」象形から

はた糸」の意味を表します(紝の原字)。借りて(同じ読みの部分に

当て字として使って)、「十干の第九位」を意味する「壬」という漢字が

成り立ちました。

原字とは、漢字「A」に複数の意味がある場合、その意味を明らか
 するに、漢字「A」にある文字を加え漢字「B」がられたの、
 漢字「A」のいます。


読み

音読み:「ジン」、「ニン

訓読み:「みずのえ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あきら」、「つぐ」、「つぐみ」、「」、「みず」、「よし

画数

4画

部首

①「丿(の、のかんむり(ノ冠)、のはらいぼう(ノ払棒)、はらいぼう(払棒)、へつ)

「丿」を含む漢字一覧

②「士(さむらい、さむらいかんむり(士冠))

「士」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

読みづらくて汚い字だと、周りの評価も低くなってしまう
ので、参考にしてみて下さいね。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る