漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「考」という漢字
「考」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「考」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かんがえる

 ア:「知識や経験基づいて、が仮想現実を
    って判断する。こう。
」(例:考えてみる、一考)

 ア-1:「結論を導き出す」(例:正しいと考える)

 ア-2:「予想する」(例:考えてた通りの結果)

 ア-3:「決意する」(例:結婚を考える)

 ア-4:「色々な状況を想像する。こう。
    (例:周囲の状況を考える、考慮)

 ア-5:「工夫する。工夫して作り出す。こう。
     (例:新しいを考える、考案)

 ア-6:「比較する。こう。」(例:違いを考える、考異)

 ア-7:「調べて事実を明らかにする。取り調べてする。こう。
     (例:考古学、考察、考問)

 イ:「占う

②「かんがえ(かんがえる)」(例:考えが甘い)

③「調べた結果を示す論文」(例:論考)

④「打つ。たたく。」(例:考掠、考問)

⑤「成る成す

⑥「終わる終える

⑦「長生き。年寄り。」(例:寿考)

⑧「んだ」(例:先考)

⑨「試みる。試験する。」(例:考官)

⑩「試験。評定(一定の基準にって価値・価格決める)。
  (例:考科、考課)

成り立ち

会意兼形声文字です(耂(老)+丂)。「曲げてつえをつく老人」の象形と

曲がった彫刻刀」の象形(「曲がる」の意味)から「長寿の老人」の意味

する「考」という漢字が成り立ちました。借りて(同じ読みの部分に当て字

として使って)、「かんがえる」の意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「コウ

常用漢字表外:「キョウ

訓読み:「かんが(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
たか」、「ただ」、「ちか」、「とし」、「なか」、「なり」、
なる」、「のり」、「やす」、「よし

画数

6画

部首

(おい、おいかんむり(老冠)、おいがしら(老頭))

「老・耂」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る