漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「通」という漢字
「通」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「通」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「とおる

 ア:「つらぬく」、「とおす」(例:貫通)

 イ:「先へ進む」、「届く」、「ゆき渡る」、「達する」(例:流通)

 ウ:「経る」、「経過する

 エ:「歩く

 オ:「さとる」、「理解する

②「かよう

 ア:「行き来する

 イ:「物などを皆で用いる」、「互いに交換する

 ウ:「男女が不義の交わりをする

 エ:「行き来して仲良くする」、「親しむ

③「つうじる・つうずる

 ア:「繋(つな)がる

 イ:「相手に伝わる

 ウ:「ある事の詳しい知識を持つ

 エ:「広く行き渡る

 オ:「全体に及ぶ」(例:一年を通じて、寒い)

 カ:「二者の間に立って、事がうまくまとまるようにする
   (例:友人を通じて、仲良くなる)

④「述べる」、「陳述する

⑤「ひらく」、「設ける」(例:開通)

⑥「すべて」、「あまねく(広く)」(例:普通)

⑦「取次ぎをする」、「取次ぎ

⑧「手紙や書類を数える」(例:一通)

⑨「とおり

成り立ち

会意兼形声文字です(辶(辵)+甬)。「止まるの象形と十字路の

象形
」(「行く」の意味)と「甬鐘(ようしょう)という筒形の柄のついた鐘」の

象形(「筒のように中が空洞である」の意味)からつつのように空洞で

障害物なくよく「とおる」を意味する「通」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「」、「ツウ

常用漢字表外:「トウ

訓読み:「かよ(う)」、「とお(る)」、「とお(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
とう」、「とうり」、「とうる」、「とおる」、「とし」、「なお」、
のぶ」、「ひらく」、「みち」、「みつ」、「やす」、「ゆき

画数

10画

部首

辵・辶・⻌(しんにょう(之繞)、しんにゅう(之繞))

「辵(辶・⻌)」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る