漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「歩/步」という漢字
「歩/步」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「歩」は小学2年生で習います。「步」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(歩)
意味

①「あるく

 ア:「動かして進む」(例:を歩く)

 イ:「あちこち動き回る。移動する。」(例:世界を歩く)

 ウ:「野球で、打者が四死球で出る」(例:4番を歩かせる)

 エ:「月日を経る過ごす」(例:歩いてた人生を振り返る)

 オ:「あちこちで~してまわる」(例:を飲み歩く)

②「あゆむ

 ア:「動かして進む」(例:夜道を歩む)

 イ:「月日を経る過ごす」(例:歩んでた人生を振り返る)

 オ:「物事が進行する」(例:結婚に向けて歩む)

 エ:「出かける」、「行く」(例:自ら歩んで行く)

③「あゆみ

 ア:「動かして進む。また、その動か。ほ。
   (例:歩みを止める、歩を合わせる)

 イ:「物事がんでいく。ほ。ぽ。
   (例:発展への歩み、開発の歩を進める、進歩)

 ウ:「進歩発達の過程。推移。歴史。」(例:歴史の歩み)

 エ:「等間隔でんでいるの中心から中心までの距離

 オ:「和船(からある日本の木造船)で艪(ろ-和船を
    こぎ進める用具)を漕(こ)ぐ


 カ:「歩み板の(渡るため、とのに架け渡した)

 キ:「歩み板の(芝居小屋で、見物席の土間(升席)を仕切った
    枡形(ますがた)のを、幅広くして歩けるようにした通路)


④「あるく(①)動かす回数を数えるのに用いる」(例:一歩)

⑤「将棋のつ。歩兵(ふひょう)の」(例:歩を上手く使う)

⑥「巡(めぐ)らせる

⑦「尋ねる」、「尋ね回る

⑧「めぐりあわせ(運命)

⑨「境遇」、「立場

⑩「おしはかる(ある事柄をもとにしての事柄の見当をつける、
  推測する)
」、「天体の運行をおしはかる

⑪「長さの単位

 ア:「片足を踏み出す長さ

 イ:「六尺(1.8メートル)または、八尺(2.4メートル)。
   一尺は30.3センチ。


⑫「面積の単位。六尺四方。3.3平方メートル。1坪を1歩と言う

⑬「みぎわ(などのと陸地がしている)

⑭「波止場(防波堤)」(例:歩頭)

⑮「などの付けて、端数(余り)のない示す
  (例:五段歩の)

⑯「利率の単位。1割の10分の1

⑰「程度(度合い)

⑱「貸し借りの金利息」、「手数料

⑲「割り合い()

⑳「身分の低い兵士」(例:歩兵)


成り立ち

象形文字です。「左右の足跡」の象形から「あるく」を意味する

「歩」という漢字が成り立ちました。

※「步」は「歩」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「」、「

訓読み:「ある(く)」、「あゆ(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あゆみ」、「すすむ」、「

画数

8画」(歩)

7画」(步)

部首

止(とめる、とめへん(止偏))

「止」を含む漢字一覧

書き順(歩)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る