漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「尋」という漢字
「尋」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「尋」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「たずねる

 ア:「場所がわからないものなどをさがし求める

 イ:「聞き出す」、「質問する

 ウ:「のおおもとなどを明らかにしようと調べたり考えたりする

②「つぐ

 ア:「引き継ぐ

 イ:「重ね

 ウ:「続く

③「至る」、「及ぶ」、「着く

④「用いる

⑤「ひろ(両手を左右に伸ばした長さ。周の時代では、八尺(約1.8メートル)
  (例:万尋)

⑥「つね(普通)」(例:尋常)

⑦「ついで(あるものの次に)」、「まもなく

[尋・訪の使い分け](たずねる)

」・・・「聞き出す」、「質問する」(例:安否を尋ねる)

」・・・「おとずれる」(例:実家を訪ねる)

成り立ち

会意兼形声文字です(彡++)。「長く流れるつややかな髪」の象形

(「模様」の意味だが、ここでは、「同じ種類のものが次々と加わる」の意味)

と「右手の象形と口の象形」(「右手」の意味)と「工具の象形と左手の象形

(「左手」の意味)から、両手を交互に動かして、手元に引き寄せる動作を

繰り返す事を意味し、そこから、「たずねる」、「ひきつぐ」を意味する

「尋」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジン

訓読み:「たず(ねる)

常用漢字表外:「つね」、「ひろ

名前(音読み・訓読み以外の読み):
ちか」、「のり」、「ひつ」、「ひろし」、「みつ

画数

12画

部首

①「⺕(けいがしら(彑頭)、いのこがしら(豕頭)、よ)

「⺕」を含む漢字一覧

②「寸(すん)

「寸」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る