漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「左」という漢字
「左」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「左」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ひだり」(反意語:)

 ア:「いたにあたる方角。部分のが、食事の
    茶碗を持つ。さ。
」(例:左に曲がる、左折)

 イ:「いたにある。左

 ウ:「「イ」がより、期待どおりのい結果が実現する。左利き。
   (例:左の投手)

 エ:「野球のレフト。さ。」(例:左への本塁打、左中間)

 オ:「急進的な思想(考え)の傾向がある。フランス革命
    議会で、急進が議長席からて左に議席をった
    から。さ。
」(例:左よりの考え、左翼)

 カ:「んで飲む。また、その。さ。」(例:左党)

 キ:「歌合わせ・絵合わせ(競う遊び)で、「ア」

 ク:「と「ア」に分けの「ア」の

 ケ:「きの文書で、「ア」の。さ。」(例:左)

②「(、中国で天子(治める)は臣下に対面する
  方位であるしてったからを左と言う。)


③「」、「

④「ひだりする(左に行く)

⑤「ひだりにする(左に置く、左に向ける)

⑥「尊ぶ」(例:右文左武)

⑦「下げる」、「ざける」(例:左遷)

⑧「助ける」(例:左史右史)

⑩「証拠」、「証(あか)し」、「印(しるし)」(例:証左)

⑪「違(たが)う」、「食い違う

⑫「もとる(正しい順序に背(そむ)く反する)

成り立ち

会意文字です(ナ+)。「左手」の象形と「工具」の象形から工具を持つ

左手を意味し、そこから、「ひだり」を意味する「左」という漢字が成り立ち

ました。また、左・が相互に助けあうから「助ける」の意味も

表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「ひだり

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「すけ」、「ぞう

画数

5画

部首

工(え、こう、たくみ、たくみへん(工偏))

「工」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る