漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「治」という漢字
「治」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「治」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「おさめる」、「おさまる

 ア:「河川をおさめ導く(整備して、河川の氾濫を防ぐ)」(例:治水)

 イ:「国を治める」、「統治する」(例:治国)

 ウ:「整え」、「整頓する

 エ:「司る(支配する)」、「取り仕切る」、「営む」、「経営する

 オ「取り調べる」、

 カ:「裁く(善悪を判断する)

 キ:「正す

 ク:「なおす」、「治療する」(例:根治)

 ケ:「なおる

②「まつりごと(政治)

③「いさお(功績、手柄)

④「みやこ(都)

⑤「州・郡・県などの政庁(政治上の務などを行う役所)の所在地

⑥「盛ん」、「盛んになる

⑦「比べる

⑧「匹敵する

⑨「助ける

[納・収・修・治の使い分け](おさめる)

」・・・「正しくする、なおす。
     (例:国を治める、病気を治す)

」・・・「入れるべき所に入れる。終わりにする。
     (例:税を納める、飲み納め)

」・・・「取りまとめる、静める、取り入れる。
     (例:紛争を収める、成功を収める、カメラに収める。)

」・・・「学ぶ、身につける。
     (例:学問を修める)

[直・治の使い分け](なおす)

」・・・「病気やけがを治す。
     (例:風邪を治す)

」・・・以外は、「直」を用いる。
     (例:自転車を直す)

成り立ち

形声文字です(氵()+)。「流れる」の象形と「農具:すきの象形と

口の象形
」(「大地にすきを入れてやわらかくする」の意味だが、

ここでは「」に通じ(「」と同じ意味を持つようになって)、「おさめる

の意味)から、水を「おさめる」を意味する「治」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:「おさ(める)」、「おさ(まる)」、「なお(る)」、「なお(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おさ」、「おさむ」、「きち」、「さだ」、「」、「」、
ただす」、「つぐ」、「とお」、「のぶ」、「はる」、「よし

画数

8画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る