漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「整」という漢字
「整」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「整」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ととのえる」、「そろえる」、「乱れたものをきちんとする」、
  「備える」(例:調整)

②「ととのう」、「そろう」(例:端整)

③「きちんとそろって、半端(はんぱ)・がない事」(例:整数)

[整・調の使い分け]

」・・・「乱れた所を直す。手落ちのないようにする。
      (例:服装を整える)

調」・・・「準備する。まとめる。
     (例:旅費を調える、交渉を調える)

成り立ち

会意兼形声文字です(+攵(攴)+)。「たきぎを束ねた」象形と「竹や

木の枝を手にする
」象形(「わける」の意味)と「国や村の象形と立ち止まる

の象形
」(「まっすぐ・ただしい」の意味)から、束ねたり、分けたりして正しく

ととのえる」を意味する「整」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されていて
感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵
もあって
とてもわかりやすかったです。講座の受講は有料ですが、
資料は無料でもらえるので、ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちらです




読み

音読み:「セイ

訓読み:「ととの(える)」、「ととの(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おさむ」、「ただし」、「ととのう」、「なり」、
のぶ」、「ひとし」、「まさ」、「よし

画数

16画

部首

攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る