漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「正」という漢字
「正」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「正」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ただしい

 ア:「向きがまっすぐである。曲がっていない。
   (例:正しく立つ)

 イ:「伝統にその分野や業界の特徴をまでいでいる
   (例:由緒正しい家・神社)

 ウ:「間違っていない。事実とっている。せい。しょう。
   (例:正しい証言、正解、正直)

 エ:「身なり(からた様子)や考えや行動がしっかり
    できている。きちんとしている。っている。せい。

   (例:礼儀正しい、行動を正しくする、正装)

 オ:「法律・規範・規準にして乱れがない。せい。
   (例:正しい判決、正装、正式)

②「ただす・ただしくする

 ア:「くない、間違っている直す改める。せい。
   (例:文章を正す、校正)

 イ:「乱れている整える行いをきちんとする。
   (例:姿勢を正す)

 ウ:「定める」(例:法律を正す)

 エ:「調べる」(例:罪人を正す)

③「まさに

 ア:「ある確かな事実である様(さま)。まちがいなく。本当に。
   (例:発言はまさに本当だった)

 イ:「実現・継続の時点を強調する様(さま)。ちょうど。せい。しょう。
   (例:今、まさに起きた、正反対、正午)

 ウ:「当然あることをしなければならないさま
   (例:社会人たるまさに仕事に励むべきだ)

 エ:「あるが実現しそうだという気持ちを表す
   (例:電車がまさに発車する)

 オ:「どうして…しようか

④「まさ

 ア:「確か、確実

 イ:「正目の」(正目・・・を中心をって縦断したときの
    られる、に平行してまっすぐな木目)

 ウ:「(現実と)そっくり」(例:正夢)

⑤「真ん中」、「中央」(例:正中)

⑥「予期する」、「予(あらかじ)めする

⑦「まつりごと(政治)」(例:正殿、正堂)

⑧「頭(かしら)」、「長(おさ)」、「主君(自分が仕えている)
  (例:里正、僧正)

⑨「長男」、「嫡子(継ぐ)」(例:正室)

⑩「正妻(法律となっている)」(例:正適、正嫡)

⑪「北斗七星の第一星の指す方角

⑫「同じ官位の上位。また、となるのもの」(例:正使)

⑬「本筋のもの(もともとそうであったもの)」、
  「なもの」(例:正式、正妻、正攻法)

⑭「正月」、「初め」(例:正月)

⑮「の名前」(例:正鵠)

⑯「の中央」(例:正鵠)

⑰「」(同意語:)

⑱「かみ。しょう。(大宝令(701で制定され た日本の法制度)
  によって定められた役所の長官)


⑲「数学で、プラスの」(例:正数)

成り立ち

会意文字です(囗+)。「」の象形と「立ち止まる」の象形

から、にまっすぐ進撃する意味します(「」の原字)。それがじて

(派生して・新しい意味がかれて)、「ただしい・まっすぐ」を意味

する「正」という漢字が成り立ちました。

原字とは、漢字「A」に複数の意味がある場合、その意味を明らか
 するに、漢字「A」にある文字を加え漢字「B」がられたの、
 漢字「A」のいます。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セイ」、「ショウ

訓読み:「ただ(しい)」、「ただ(す)」、「まさ」、「まさ(に)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「おさ」、「かみ」、「きみ」、「さだ」、
しょう」、「せい」、「たか」、「ただし」、「ただす」、「つら」、
なお」、「のぶ」、「」、「まさし」、「よし

画数

5画

部首

①「一(いち)

「一」を含む漢字一覧

②「止(とめる、とめへん(止偏))

「止」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る