漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「新」という漢字
「新」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「新」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あたらしい・しん」(反意語:古い)

 ア:「初めてである」(例:新しく事業を始める、新刊)

 イ:「その状態になってから・出来てから時間が少ししかっていない
   (例:新しい、記憶に新しい事件、新人)

 ウ:「使始め少ししか時間がっていない」(例:新しい、新車)

 エ:「以前のものとっている」(例:を新しく書き直す、刷新)

 オ:「までなかったんだ物事」(例:新しい技術、斬新)

 カ:「食べ物が生き生きしている(生きるに必要な
    っているような状態である)
」(例:新しい、新鮮)

②「あらた

 ア:「初めて様(さま)」(例:新たに事業を始める)

 イ:「その状態になってから・出来てから時間が少ししかっていない
   (例:新たな事件、新たな建物)

 ウ:「までなかったんだ物事」(例:新たな技術)

 エ:「改め行う(改善する)様(さま)」(例:考えを新たにする)

②「あたらしくする(以前のものとった状態にする。悪い
  十分ではない(足りない)良い変える)
」(例:更新、刷新)

③「国名。前漢(紀元前206-8)、王莽(おうもう)が
  建て(8-23)


④「あら、にい(付けて「あたらしい」の意味を表す)
  (例:新所帯、新妻)

成り立ち

会意兼形声文字です(++)。「刃物」の象形と「大地を覆う」の

象形と「曲がったをつけた手斧」の象形から、った

切り口の鮮やかから、じて(派生して・新しい意味がかれて)、

あたらしい」を意味する「新」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「シン

訓読み:「あたら(しい)」、「あら(た)」、「にい

常用漢字表外:「さら

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あきら」、「あらた」、「すすむ」、「ちか」、「はじめ」、「よし」、「わか

画数

13画

部首

斤(おの、おのづくり、きん、はかり)

「斤」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る