漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「等」という漢字
「等」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「等」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ひとしい」(数量・程度・形状などに相違がない。同じである。)、

②「等級が同じ」、「階級が同じ

③「ひとしく」、「平均に」(例:等分)

④「ひとしくする

⑤「仲間(ともがら)」、「同類(たぐい)

⑥「~など」、「~ら

 ア:「多数のものを表す言葉

 イ:「省略する時につける言葉

⑦「等級(しな)」、「階級」、「区分

⑧「段」、「階段

⑨「数詞につけて、順位を表す言葉」(例:一等賞)

⑩「はかり比べる」、「比較する

⑪「待つ

⑫「なに(何)

成り立ち

形声文字です(+)。「」の象形(「竹簡-竹で出来た札」の意味)と

植物の芽生えの象形(「止」に通じ、「とどまる」の意味)と親指で

脈を測る右手の象形
」(役人がとどまる「役所」の意味)から、役人が

書籍を整理するを意味し、それがじて(派生して・新しい意味が

かれて)、「ひとしい」を意味する「等」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「トウ

訓読み:「ひと(しい)

常用漢字表外:「など」、「

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
しな」、「たか」、「」、「とし」、「とも」、「ひとし

画数

12画

部首

竹(たけ、たけかんむり(竹冠))

「竹」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る