漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「語」という漢字
「語」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「語」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かたる

 ア:「話す説く(説明する。そうなった理由を順序をつけて
    わかりやすく話す。)
」(例:目撃者の語るによれば)

 イ:「言う述べる思うことをで表現する」(例:言い訳を語る)

 ウ:「告げるくの人々にらせる。」(例:人前で自分の考えを語る)

 エ:「語り物(してかせる物語)を(リズム)をつけて
   しながら読む
」(例:語り物を人前で語る)

 オ:「ある事実がある意味・真実・事情自ら示す
   (例:建物の倒壊が地震の大きさを語る)

 カ:「話し合う。しく付き合う(親しい関係を作る)。
   (例:一緒に語ろう)

②「かたらう

 ア:「話し合う。仲良く話し合う。」(例:と語らう)

 イ:「誘う。説得して味方にする。仲間に引き入れる。

 ウ:「上手に頼み込む

 エ:「言いくるめる(言葉をうまく使い、相手を信用させてだます)

※だますとは、「って、相手に本当だとわせる言う

 オ:「が約束を交わす。男女が肉体的な関係を結ぶ

 カ:「動物が鳴く

②「話す」(例:私語、笑語)

③「言葉(音声や文字によって、の意志・思想・感情の情報を
  表現・伝達する、または受け入れ、理解するの約束・規則。
  また、その記号の組み立て。
」(例:語を遮る、言語、語学)

④「単語(言葉の最小単位)」(例:難しい語を調べる)

⑤「物語」(例:源語)

⑥「論語の(論語とは、孔子との高弟の言行を孔子の死後、
  弟子達が 記録した書物の)


⑦「ことわざ(古くから伝えられてきた、教えんだ短い言葉)

⑧「慣用句(習慣として長い使われてきた、ひとまとまりの
  言葉・文句や言い回し)


成り立ち

形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形との象形

(「(つつし()んで)言う」の意味)と「を交差にさせて組み立てた器具

の象形
」(「のおつげを汚れから守るの器具」の意味だが、

ここでは、「互(ご)」に通じ、「交互する」の意味から「交互に言う

かたる
」を意味する「語」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「かた(る)」、「かた(らう)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かたり」、「こと」、「つぐ

画数

14画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る