漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「難/難」という漢字
「難/難」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「難」は小学6年生で習います。「難」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かたい」、「むずかしい」(反意語:易)

 ア:「理解や習得がしにくい

 イ:「複雑でわかりにくい

 ウ:「解決するのが簡単でない

 エ:「実現するのが不可能に近い

 オ:「人の扱いが面倒である

 カ:「好みなどがうるさい

 キ:「不機嫌である

②「むずかしい事」(例:困難)

③「かたんずる(むずかしいと思う)

④「悩む」、「うまくいかない

⑤「災い(人に不幸をもたらす出来事)
  (例:災難)

⑥「予測される悪い出来事に対する心配」(例:憂難)

⑦「仕返ししようと思う相手(敵)

⑧「争い」、「戦争」(例:兵難)

⑨「遠慮する」、「恐れてためらう

⑩「はばむ(進もうとするものをさまたげる)

⑪「こばむ(断る、拒否する)

⑫「なじる(相手を問い詰めて責める)」(例:非難)

⑬「悩ます」、「苦しめる

⑭「鬼やらい、追儺(鬼すなわち、伝染病を追い払う事)」(同意語:儺)

⑮「葉の茂るさま

日本のみで用いられる意味

⑯「欠点

⑰「悪口」、「非難(人の欠点や過失などを取り上げて責めること)

[固・硬・堅・難の使い分け](かたい)

」・・・「全体が強く形が変わらない。うるいの対。
     (例:固く結ぶ、固い約束)

」・・・「力を加えても形が変わらない。軟らかの対
      (例:硬い石、表情が硬い)

」・・・「中がつまって砕けにくい。もろいの対」(例:堅い炭、義理堅い)

」・・・「むずかしい。優しいの対」(例:想像に難くない)

成り立ち

会意文字です。「火などの災いにあって祈るみこ」の象形と「尾の短い

ずんぐりした小鳥
」の象形から、災いにでくわして、鳥をそなえて祈る

事を意味し、そこから、「災い」を意味する「難」という漢字が成り立ちました。

※「難」は「難」の旧字(以前に使われていた)です。

※「難」は「難」の略字です。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ナン

常用漢字表外:「ダン

訓読み:「かた(い)」、「むずか(しい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

18画」(難)

19画」(難)

部首

隹(ふるとり(古鳥)

「隹」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る