漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「鳴」という漢字
「鳴」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「鳴」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「なく(出す。めい。)」(例:が鳴く、鶏鳴)

②「なる

 ア:「する。めい。」(例:が鳴る、雷鳴)

 イ:「響き渡る。名声が広がる」(例:策士をって鳴る人物)

③「ならす

 ア:「出すようにする」(例:楽器を鳴らす)

 イ:「そのことで大きく世間の評判を得る」(例:天才として鳴らす)

 ウ:「やかましく(うるさく)言う」(例:不満を鳴らす)

 エ:「おならをする

③「悲しみ苦しみ喜び痛さなどを抑えるができず
  に出す
」(例:悲鳴)

④「出す」(例:鳴鶏)

⑤「意見を言う」(例:百家争鳴)

⑥「する」(例:鳴鐘)

[泣・鳴の使い分け](なく)

」・・・「悲しみ苦しみ喜び痛さなどを抑えるができず、
     をあげたり、したりする場合
」(例:痛くて泣く)

」・・・「出す場合」(例:が鳴く)


成り立ち

会意文字です(+)。「」の象形と「」の象形から、

がなく」を意味する「鳴」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「メイ」、「ミョウ

訓読み:「な(く)」、「な(る)」、「な(らす)

常用漢字表外:「なる」、「なり

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なき

画数

14画

部首

鳥(とり、とりへん(鳥偏))

「鳥」を含む漢字一覧

書き順・書き方
日本語教師になりませんか!!

近年、多くの外国人が日本で暮らすようになり、外国人をみかける
機会が増えました。今後、少子高齢化が進むにつれて、日本で
暮らす外国人の数は更に増加する
事が考えられ、それに伴い、
日本語教師のニーズはますます高まると言われています。
そんな日本で暮らす外国の人や世界中の人々に、漢字と深い
関わりを持つ日本語の歴史や魅力
日本文化の素晴らしさ
伝えていくのはとても楽しいですし、やりがいがありますよ。
日本語教師の魅力や学習内容・体験談・就職先等
20ページ
以上
にわたり記載された非常に詳しくてわかりやすい資料が
無料でもらえます
ので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【日本語教師入門講座】の無料資料
申し込みはこちら



漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る