漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「音」という漢字
「音」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「音」は小学1年生で習います。「音」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「おと

 ア:「物体の動きが空気動き起こし、
    それを聞くの器官(など)がったもの。ね。おん。

   (例:鈴の音、音波)

※器官と組織について
た細胞がって同じような働きをしているとき、これを組織とい、
この組織がって目的をもった共同の作業をするとき器官とう。

 イ:「うわさ(を話題にしてあれこれ話す。また、その)
   (例:音にこえた悪人)

 ウ:「評判」(例:音にこえた名所)

 エ:「の鳴き声。ね。」(例:虫の音)

 オ:「便り(知らせ)。連絡。おん。いん。
   (例:音沙汰ない、音信不通、無音)

②「」、「泣き声」(例:弱音、本音)

③「漢字の読みつ。中国語の発音を入れたもの。」(例:音読み)

④「「①-ア」の調子(高低や速さの程度)」(例:音色、音調)

⑤「からせられる言葉を構成する、つの「①-ア」。
  (例:一音節)

⑥「」、「や楽器を合わせた芸術(とても気持ちよく・
  理想感じられるもの)
」(例:音楽)

⑦「言葉」、「言語

成り立ち

指事文字です。「取っ手のある刃物の象形との象形」(「言う」の

意味)の「」の部分に一点加えから「楽器やから

するおと
」を意味する「音」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「オン」、「イン

訓読み:「おと」、「

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「」、「なり

画数

9画

部首

音(おと、おとへん(音偏))

「音」を含む漢字一覧

部首解説:
「音」をもとにして、音の響きに関係する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る