漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「石」という漢字
「石」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「石」は小学1年生で習います。「石」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「いし

 ア:「地球の表面部を構成する固定物質。より硬いものが多い
   (同意語:)

 イ:「「ア」の小さよりも小さよりも大きい

 ウ:「土木工事や建築使う「ア」」(例:から石を出す)

 エ:「となる「イ」。宝石。」(例:美しい石)

 オ:「碁石(打つのに使う平た丸い小さな石)
   (例:石を打つ)

 カ:「結石(体内の分泌物の成分が固まって「ア」のようにくなった)
   (例:体内に石が出来る)

 キ:「(すずり-ですりおろす使う、「ア」・
    った道具)


 ク:「印(しるし)建てた「ア」」(例:死者を祭る石を建てる)

 ケ:「功績や記念する出来事を文字をんで建てた「ア」

 ケ:「じゃんけんで、拳(こぶし)示す。ぐう。

 コ:「紋所(家々で定めている紋章)の名前。石を
    並べわせたをしている


 サ:「かない、硬い冷たい、思いやりがないものの例え
   (例:石のようにしゃべらない、石のような態度)

 シ:「ったものの例え」、「役に立たないものの例え

 ス:「通路・玄関先・庭に、並べ平らな「イ」
   (例:石だたみ)

 セ:「茶碗」(例:石御器)

 ソ:「「ア」でった楽器。またその。八音(種類の楽器を
   表す)のつ。


 タ:「つぶて(戦い用いげ「イ」)」、「飛ばした「イ」

 チ:「治療で用いる「イ」の鍼(はり)

②「容量の単位。十(180リットル)を石と言う

③「重さの単位。百二十(72キログラム)を石と言う

④「腕時計の軸受けにする宝石を数えるのに用いる

⑤「電気製品でトランジスター・ダイオード数えるのに用いる

成り立ち

象形文字です。「落ちている、いし」の象形から「いし」を

意味する「石」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「セキ」、「シャク」、「コウ

常用漢字表外:「ジャク

訓読み:「いし

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あつ」、「いそ」、「いわ」、「かず」、「かた」、「

画数

5画

部首

石(いし、いしへん(石偏))

「石」を含む漢字一覧

部首解説:
「石」をもとにして、色々な種類の石、石でできた
石の状態などに関係する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る