漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「小」という漢字
「小」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「小」は小学1年生で習います。「小」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「ちいさい」(反意語:)

 ア:「ある狭い空間や場所しか占めていない。お。こ。しょう。
   (例:小さい、小川、小石、縮小)

 イ:「少ない」(例:儲けが小さい)

 ウ:「程度が僅(わず)かである。少し。お。こ。しょう。
   (例:温度が小さい、小暗い、小降り、小異)

 エ:「規模が普通以下である」(例:小さい会社)

 オ:「狭い」(例:が小さい)

 カ:「あまり重要でない」(例:小さい悩む)

 キ:「年齢が少ない幼い」(例:小さい子供)

 ク:「控えである。しょう。」(例:小さくまとまった態度、小生)

 ケ:「金銭の単位がである」(例:一万円札を小さくする)

②「ほぼ(全部あるいは完全にではないが、それに近い状態で
  あるさま。だいたい。。)
」(例:小一時間)

③「扱う(大切にわない)」、「ばかにする」(例:小ざかしい、小利口)

④「身分が低い」(例:小身、小臣、小人)

⑤「小さくする

⑥「小さい」、「つまらない(面白くない、価値のない)

成り立ち

象形文字です。「ちいさな」の象形から「ちいさい」を意味する

「小」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ショウ

訓読み:「ちい(さい)」、「」、「

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「ささ」、「ちいさ」、「わか

画数

3画

部首

小・(しょう、しょうがしら(小頭)、なおがしら(尚頭))

「小・⺌」を含む漢字一覧

部首解説:
「小」と「」は起源的にも共通し、「小」、「」をもとにして、
「小さい」、「少ない」の意味を含む漢字ができている。「尙⇒尚」の
ように旧字体では「小」だった部分が新字体で「」となる漢字がある。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る