漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「狭/狹」という漢字
「狭/狹」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「狭」は中学生で習います。「狹」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「せまい」(反意語:)

 ア:「空間が小さい。空間に余裕がない。きょう。
   (例:狭い公園、狭小住宅)

 イ:「間隔に余裕がない。小さい。きょう。
   (例:狭い道路、狭巷)

 ウ:「範囲がられている。広がり少ない。きょう。
   (例:知識が狭い、狭義)

 エ:「他人の意見を入れようとしない。状況に応じ
    適切な対応が出来ない。きょう。
」(例:が狭い、狭量)

②「せばめる

 ア:「間隔を詰める

 イ:「苦しめる」、「居心地が悪い思いをさせる

③「せばまる(間隔が詰まる)

④「さ(の調子を整えの接頭語。狭いの意味で用いる
  もある。)
」(例:狭山、狭衣)

成り立ち

会意兼形声文字です(犭()+夾)。「立て」の象形と「広げ

立つの両脇をから挟(はさ)む象形
」から、「せまい」、

せばめる」、「せばまる」を意味する「狭」という漢字が成り立ちました。

※「狹」は「狭」の旧字(以前に使われていた)です。

※「狭」は「狹」の略字です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「キョウ

常用漢字表外:「コウ

訓読み:「せま(い)」、「せば(める)」、「せば(まる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「

画数

9画」(狭)

10画」(狹)

部首

犭(けものへん(獣偏)、いぬへん(犬偏))

「犭」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る