漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「詰」という漢字
「詰」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「詰」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「なじる(本当の言うまで厳しく質問する)」(例:難詰、面詰)

②「調べる」、「取り調べる

③「曲がる」、「曲げる

④「夜明け」、「

⑤「つめる

 ア:「容器などに物を入れていっぱいにする

 イ:「穴やすきまに物を入れてふさぐ

 ウ:「長さを短くする

 エ:「節約する」(例:生活費を切り詰める)

 オ:「最後の所まで行く

 カ:「十分に検討し尽くしての決着がつくようにする
   (例:話を詰める)

 キ:「将棋などで、王将の逃げ場がないようにする

 ク:「休憩せず仕事を続ける」(例:深夜も詰めて仕事をする)

 ケ:「呼吸を止める」(例:息を詰める)

 コ:「指を切り落とす」(例:指を詰める)

 サ:「決まった場所に出向き、用事に備えて待機する」(例:持ち場に詰める)

 シ:「身動きできないような状況に追いこむ」(例:問い詰める)

 ス:「最後・限界まで~する」、「休みなく~する
   (例:のぼり詰める、通い詰める)

 セ:「一面に~する」(例:小石を敷き詰める)

 ソ:「出勤する

⑥「つまる

 ア:「すきまもなく入って、いっぱいになる

 イ:「ふさがる

 ウ:「長さ・幅や間隔などが短くなる

 エ:「困る」、「苦しくなる」(例:行き詰る)

 オ:「最後のところまでいく」(例:詰まる所)

 カ:「野球で、ピッチャーの投げた球がバットの芯からはずれた、
    手もとに近い所に当たる


⑦「つまり

 ア:「話の落ち着くところは」、「結局

 イ:「言い換えると」、「すなわち

⑧「つめ

 ア:「つめる

 イ:「穴やすきまをふさぐ物

 ウ:「の終わり

 エ:「物の端

 オ:「境目

成り立ち

形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形と口の象形

(「(つつしんで)言う」の意味)と「斧などの刃物の象形と口の象形

(刃物をまじないとして置いてめでたい事を祈るから、「めでたい

の意味だが、ここでは、「緊」に通じ(「緊」と同じ意味を持つように

なって)、「ひきしめる」の意味)から、「問いつめる」を意味する

「詰」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「キツ

訓読み:「つ(む)」、「つ(まる)」、「つ(める)

常用漢字表外:「なじ(る)」

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

13画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る