漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「用」という漢字
「用」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「用」は小学2年生で習います。「用」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「もちいる

 ア:「使う」、「働かせる」、「役立たせる」(例:悪用、適用)

 イ:「行う」、「治める

 ウ:「登用する」(例:起用、重用)

 エ:「取り入れる」、「聞き入れる

②「働き」、「能力」、「作用」(例:有用)

③「」、「財貨」、「もとで」(例:費用)

④「うつわに盛った供え物

⑤「もって(以)

日本のみで用いられる意味

⑥「ヨウ

 ア:「仕事」、「すべき事柄」(例:用事)

 イ:「必要

成り立ち

象形文字です。「甬鐘(ようしょう)という鐘の象形」で、甬鐘は

柄を持って持ち上げて使う事から、「とりあげる」、「もちいる」を

意味する「用」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ヨウ

常用漢字表外:「

訓読み:「もち(いる)

常用漢字表外:「もっ(て)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ちか」、「なか

画数

5画

部首

用(もちいる)

「用」を含む漢字一覧

部首解説:
「用」をもとにして、「甬鐘(ようしょう)という」に関係する漢字が
できているが、すべてではない。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る