漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「応/應」という漢字
「応/應」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「応」は小学5年生で習います。「應」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(応)
意味

①「こたえる(相手の行動や状況を受け、見合うような行動をとる)」、
 「返事する」(例:呼応)

②「引き受ける」、「承知する

③「順(したが)う」(言う事を聞く)(例:順応)

④「求めにおうじる」(例:応召)

⑤「他の動きにつれて起こる」(例:反応)

⑥「楽器の名前

 ア:「小さい太鼓(たいこ)の。振りつづみ

 イ:「木製の長方形の打楽器

⑦「指名される」、「受ける

⑧「まさに~べし」(助字)

 ア:「当然

 イ:「おそらく~であろう

 ウ:「当然~すべきであろう

成り立ち

会意兼形声文字です(䧹+)。「屋根とからと尾の短いずんぐり

した小鳥の象形
」(「鷹(たか)」の意味)と「心臓」の象形から、狩りに使う鷹を

胸元に引き寄せておく事を意味し、そこから、「受ける」、「指名される」を

意味する「応」という漢字が成り立ちました。

※「応」は「應」の略字です。

※「應」は「応」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「オウ

常用漢字表外:「ヨウ」(應のみ)

訓読み:「こた(える)

常用漢字表外:「まさ(に)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かず」、「たか」、「のぶ」、「のり」、「まさ

画数

7画」(応)

17画」(應)

部首

①「广(まだれ(麻垂))

「广」を含む漢字一覧

②「心(こころ)

「心」を含む漢字一覧

書き順・書き方(応)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る