漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「見」という漢字
「見」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「見」は小学1年生で習います。「見」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「みる

 ア:「目で事物の存在などをとらえる

 イ:「役目として取り扱う」(例:子供の面倒を見る)

 ウ:「調べる」、「確かめる

 エ:「見分ける(区別する)

 オ:「試す(実際にやってみて、結果を確かめる)

 カ:「判断する

 キ:「占う

 ク:「評価する

 ケ:「んで知る

 コ:「目で事物をとらえて、知識をめる」(例:見学)

 サ:「経験する」(例:痛い目にあう)

 シ:「理解する

 ス:「夫婦になる

 セ:「考える

 ソ:「思う

②「みえる

 ア:「目で事物の存在などをとらえる事ができる

 イ:「そのように感じられる

 ウ:「見つかる(発見される)

 エ:「来るの尊敬語。おいでになる。いらっしゃる。

 オ:「会う

 カ:「結婚する

③「見方」、「みる

④「考え」、「思い

成り立ち

会意文字です(+儿)。「」の象形から成り立っています。

きな」を意味する文字から、「見」という漢字が

成り立ちました。ものをはっきり「見る」という意味をちます。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ケン

訓読み:「み(る)」、「み(える)」、「み(せる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「あきら」、「ちか」、「のり」、「

画数

7画

部首

見(みる)

「見」を含む漢字一覧

部首解説:
「見」をもとにして、見る行為に関係する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る