漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「深」という漢字
「深」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「深」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ふかい」(反意語:)

 ア:「表面からまでの距離が長い。ぶかい。しん。
   (例:深い深い、深海)

 イ:「からまでの距離が長い。ぶかい。しん。
   (例:山に深く入りむ、奥深い、深奥)

 ウ:「の程度や重量・・割合多い。ぶかい。しん。
   (例:関心が深い、い深い、深刻)

 エ:「濃い」(例:は深い)

 オ:「関わり多い」(例:深い)

 カ:「かなりっている。盛り(真っ最中)の時期である。しん。
   (例:も深い、深夜)

 キ:「厚い(親切、丁寧)。懇(ねんご)ろ(がこもっている)。しん。
   (例:深厚)

 ク:「大きい

 ケ:「盛んである

 コ:「十分である

②「ふかさ(深い。また、その度合い(程度)」(例:深さを測る)

③「ふかみ(深い。また、その度合い(程度)」(例:深みにはまる)

④「ふかく(非常に、大変)」(例:深く悩む)

⑤「ふかまる・ふかくなる(ある状態や程度が次第にくなる。
  かって行く)
」(例:水深が深まる、が深まる)

⑥「ふかめる・ふかくする(ある状態や程度を次第にくする。
  って行く)
」(例:水深を深くする、を深める)

⑥「厳しい」、「酷(むご)い(ひどい)」(例:深刑)

⑦「み(深い意味を表す接頭語)」(例:深山)

⑧「ふか(程度が甚(はなは)だしい(普通の状態を遥か
  超えている)意味を表す接頭語)
」(例:深酒)

成り立ち

会意兼形声文字です。 「流れる」の象形(「」の意味)と「胎内から

赤子を取り出そうとしている
」象形から、へと「ふかい」を

意味する「深」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「シン

訓読み:「ふか(い)」、「ふか(まる)」、「ふか(める)」、「ふか(さ)

常用漢字表外:「ふ(ける)」、「

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とう」、「とお」、「ふかし

画数

11画

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る