漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「超」という漢字
「超」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「超」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「こえる、こす(一定の基準・数量・範囲を上回る)」(例:超過、超満員)

②「高い所へ勢いよく飛びあがる」(例:超乗)

③「順序を飛びこえる」(例:超階)

④「他よりも特に優れている」、「世の中に並ぶものがない」(例:超人)

⑤「遠い


[越・超の使い分け](こえる・こす)

」・・・「ある地点・時をこえて向こう側に行く」(例:山を越える、年を越す)

」・・・「一定の基準・数量・範囲を上回る」(例:定員を超える、一線を超える)

成り立ち

形声文字です(+)。「走る人の姿の象形と立ち止まるの象形

(「走る」の意味)と「刀の象形と口の象形」(神秘の刀を捧げながら、

祈りを唱えて神まねきをするさまから、「まねく」の意味だが、ここでは、

「跳(チョウ)」に通じ(同じ読み持つ「跳」と同じ意味を持つように

なって)、「とびこえる」の意味)から、「飛び上がる」を意味する

「超」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「チョウ

訓読み:「こ(える)」、「こ(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おき」、「」、「こえる」、「たつ」、「とおる」、「ゆき

画数

12画

部首

走(そうにょう(走繞)、はしる)

「走」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

◆講座の受講は有料

◆資料請求には、氏名郵便番号
 住所電話番号の入力が必要

ですが・・・

すごい美しい漢字が書ける資料が無料でもらえる
ので、今すぐ資料請求して下さい。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る