漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「量」という漢字
「量」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「量」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「はかる

 ア:「物の重さ・容積・長さ広さ・多少などをはかる

 イ:「見積もる」、「時間などのおおよその見当をつける

 ウ:「おしはかる(ある柄をもとにして他の柄の見当を
    つける)
」(例:推量)

 エ:「思う」、「考え」(例:思量)

②「ます(液体や穀物などの分量をはかる容器)」、
  「はかり(物の重さをはかる道具)

③「ますめ(ますではかった量)

④「かさ(物の大きさ、重量、体積、容積)」(例:分量)

⑤「」(例:数量)

⑥「事を担当する才能」(例:度量、器量)

⑦「限り」、「ほど」(例:分量)

[計・測・量・図・謀・諮の使い分け](はかる)

」・・・「数や時間を数える、まとめて考える。
      (例:時計を計る、国の将来を計る)

」・・・「一定の尺度ではかる。
     (例:距離を測る)

」・・・「重さや体積をはかる。
     (例:体重を量る)

」・・・「を行おうとして色々と考える。
     (例:合理化を図る)

」・・・「何かを行おうと計画を立てる。
     (例:脱走を謀る)

」・・・「相談する。
      (例:会議に諮る)

成り立ち

象形文字です。「穀物を入れる袋の上にじょうご(口の狭い容器に

液体を注ぎ込む用具)をつけた
」象形から「はかる」を意味する

「量」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「リョウ

訓読み:「はか(る)

常用漢字表外:「かさ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かず」、「さと」、「とも」、「はかり」、「はかる

画数

12画

部首

里(さと、さとへん(里偏))

「里」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る