漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「数/數」という漢字
「数/數」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「数」は小学2年生で習います。「數」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(数)
意味

①「かず

 ア:「の順序・順番を示す。また、その記号。すう。」(例:2の数、数字)

 イ:「個々の事物が、全体または一定の範囲で、いくつ(何回)あるか
    ということを表すもの。すう。
」(例:出席者の数、数量)

 ウ:「「イ」が多い。じゅ。」(例:数ある作品からばれる、数珠)

 エ:「価値あるものとして取り立てて認められる範囲。仲間。
   (例:は数にはらない)

 オ:「種類多い」(例:数の)

 カ:「粗末な(作りな)。ありふれた。値段が安い」(例:数扇)

②「かぞえる

 ア:「個々の事物が、全体または一定の範囲で、いくつ(何回)あるか
    を調べる
」(例:バスのを数える)

 イ:「の順序・順番を調べる」(例:からに数える)

 ウ:「挙げる」(例:理由は色々数えられる)

 エ:「個々の事物が、全体または一定の範囲で、いくつ(何回)あるか
    ということを表す
」(例:図書館のは1を数える)

 オ:「そのつに加える」(例:候補者の1に数える)

 カ:「リズムをとって歌う

③「個々の事物が、全体または一定の範囲で、いくつ(何回)あるか
  ということを調べる
」(例:計数)

④「単位を表すについて、どの程度かをはっきりさせずに表す
  (例:数メートル、数)

⑤「責めるがいくつあるかをして責める」(例:数譲)

⑥「さだめ(運命)」(例:命数)

⑦「道理(物事の正しい順序・物事がそうなった理由)

⑧「なりゆき(物事が次第に変化していくようすや過程。また、その結果。)

⑨「六芸のつ。算術(計算の方法)。」(例:数学)

※六芸とは、中国の士(中堅の役人層)以上の身分の学ぶ
  べき六種の技芸のい、(作法)、(音楽)、(弓術)、
  (馬術)、(書道)、数(数学)がある。

※技芸とは、物事を取り扱ったり処理したりするの方法や手段の

⑩「謀(はかりごと)」、「方法」、「」、「技術」(例:数術)

⑪「しばしば・しきりに(何度も繰り返しわれるさま)」、
  「しばしばする」(例:数数)

⑫「早い」、「くする」、「慌(あわ)てる」(例:数数)

⑬「細かい」(例:数罟)


成り立ち

会意文字です(婁+攵(攴))。「長いを巻きあげて、そのにさらに装備を

加えた女性
」の象形(「途切れず続く」の意味)と「ボクっという表す

擬声語と右手の象形
」(「ボクっと打つたたく」の意味)から、続け

打つを意味し、そこから「責める」、「かぞえる」を意味する「数」という

漢字が成り立ちました。

※擬声語とは、動物の音声や物体のを象形文字でしたものをいます。

※「数」は「數」の略字です。

※「數」は「数」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「スウ」、「

常用漢字表外:「サク」、「シュ」、「ソク

訓読み:「かず」、「かぞ(える)

常用漢字表外:「しばしば

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かす」、「とし」、「のり」、「ひら」、「

画数

13画」(数)

15画」(數)

部首

攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

書き順(数)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る