漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「円/圓」という漢字
「円/圓」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「円」は小学1年生で習います。「圓」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(円)
意味

①「えん

 ア:「丸い(中心から等しい距離のんだをしている。
    角はない。)
」、「丸い」(例:円周、円卓)

 イ:「欠けがない」、「まったし(完璧である)」(例:円熟)

 ウ:「ある場所を中心として、その一帯」(例:関東円)

 エ:「穏やか様(さま)」(例:円満)

 オ:「貨幣の単位」(例:百円玉)

 カ:「物事がらず、滑らか進む」(例:円滑)

②「まる」(同意語:)

 ア:「丸い」(例:答えを円で囲む)

 イ:「答案に正解または合格・優良の評価の意味で付ける丸い
   (例:正しい答えに円を付ける)

 ウ:「句点。終わり付ける「。」の符号

 エ:「半濁点。「ぱ」「ピ」の「゜」の符号

 オ:「数字の上げる言う

 カ:「金銭(お)の。会話で親指と人差し指とでって
    示すもある。


 キ:「主に関西で、スッポン(カメの一種)の

 ク:「料理に使ういたドジョウ。また関西で、ウナギの

 コ:「紋所(家々で定めている紋章)の名前。丸い 単独ののほか、
   の模様と合わせたもある。


成り立ち

会意兼形声文字です(囗+)。「丸いの象形と古代中国製の(-かなえ)

の象形
」(「丸い」の意味)と「周辺を」(「巡(めぐ)る」の

意味)から、「まるい」を意味する「円」という漢字が成り立ちました。

※「圓」は「円」の旧字(以前に使われていた)です。

※「円」は「圓」の俗字(略字)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「エン

訓読み:「まる(い)

常用漢字表外:「つぶら(か)」、「まど(か)」、「まろ(やか)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かず」、「のぶ」、「まどか」、「みつ

画数

4画」(円)

13画」(圓)

部首

「円」の部首
冂(けいがまえ(冏構・冋構)、まきがまえ(牧構)、
どうがまえ、えんがまえ、えながまえ)


「冂」を含む漢字一覧

「圓」の部首
囗(くに(国)、くにがまえ(国構))

「囗」を含む漢字一覧

書き順(円)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る