漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「主」という漢字
「主」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「主」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ぬし」、「あるじ」、「中心となる」、「支配する

 ア:「一家の長

 イ:「きみ」、「かしら」、「おさ

 ウ:「客を迎える」(例:主客)

 エ:「の宿る所」、「みたましろ(の代わりとして祭るもの)
   (例:木主)

 オ:「キリスト教の天の神」(例:天主)

②「おも」、「おもに」、「中心」、「根本

③「中心的な働きをする

④「つかさどる(支配する)」、「統率する」(例:主宰)

⑤「座る」、「宿る」、「居る

日本のみで用いられる意味

⑥「ぬし

 ア:「相手を呼ぶ敬称」、「おぬし

 イ:「女が男を親しんで呼ぶ

 ウ:「山・森・池などに住み着いてそこを支配する

 エ:「古くからある場所や地位についている

成り立ち

象形文字です。「火ともし台の皿の上に火が燃えている象形」から

静止している火を意味し、それがじて(派生して・新しい意味が

かれて)、じっととどまって動かない中心的な存在、「ぬし・あるじ

を意味する「主」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「シュ」、「

訓読み:「ぬし」、「おも

常用漢字表外:「あるじ」、「つかさど(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かず」、「きみ」、「つかさ」、「むね」、「もと」、「もり

画数

5画

部首

①「丶(てん(点)、ちょぼ)

「丶」を含む漢字一覧

②「亠(なべぶた(鍋蓋)、けいさんかんむり(卦算冠))

「亠」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る