漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「付」という漢字
「付」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「付」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「つける」、「つけ加える」、「つく」(例:添付)

②「さずける」、「与え」、「渡す」(例:交付)

③「頼む」、「ゆだねる(たくす、任せる)」(例:付託)

日本のみで用いられる意味

④「つき

 ア:「ゆえに」、「だから

 イ:「対して」、「関して

 ウ:「様子」(例:顔つき)

⑤「つけ(書きつけ、勘定書き)」(例:ドリンク代を追加で付ける)

[着・付・就の使い分け](つく)

」・・・「くっつく、所属する。」(例:味方に付く)

」・・・「届く、身につける。」(例:手紙が着く、衣服を着る)

」・・・「近づく、寄り添う。」(例:先生に就いて勉強する)

[附・付の使い分け](つく)

」・・・「つく、くっつく」(例:附録、附着)

」・・・「与え」(例:交付、付与)

※昔は、のように、「附」・「付」を使い分けしていたが、
 現在では、どちらの場合も「付」を用いる
 ただし、官庁用語・法令用語では、「附属、附則」のように、
 「附」を用いる。

成り立ち

会意文字です(+)。「から」の象形と「右手の手首に

親指をあて脈をはかる
」象形(「」の意味)から人に手で物を

つける」を意味する「付」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

訓読み:「つ(ける)」、「つ(く)

常用漢字表外:「あた(える)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とも

画数

5画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る