漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「文」という漢字
「文」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「文」は小学1年生で習います。「文」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「あや」(同意語:)

 ア:「の表面に現れたさまざまなや模様。特に
    斜め交わった模様。ぶん。もん。

    (例:美しい壺の文、文飾、文様)

 イ:「特に苦労した言葉の言い回し。何通りにも解釈できるような
    表現・複雑な言い回し。
」(例:言葉の文)

 ウ:「表面にはえないが、辿(たど)るえてくる社会や
    世の中の入り組んだ仕組み
」(例:歴史の文)

②「ふみ

 ア:「書物(いた)。ぶん。」(例:文書、文面)

 イ:「手紙」(例:恋文)

 ウ:「学問。芸術。ぶん。」(例:文武両立、文化)

 エ:「漢詩(中国の)

③「飾り」、「美し飾る」(例:文飾)

④「彩り

⑤「」(例:文質)

⑥「言葉を写す記号」(例:文字、説文)

⑦「言葉。言葉を写す記号連ね」(例:文句、文章、呪文)

⑧「現れ」、「現象」(例:天文)

⑨「すじ(筋道)」(例:文理)

⑩「のり(法律、規範(手本)、おきて、決まり、制度)」(例:文吏、文法)

⑪「礼儀

⑫「美しい」、「雅(みやび)やか」(例:文雅)

⑪「仁徳(他人にする思いやりの)

⑫「飾(かざ)る

⑬「入れ墨をする

⑭「もん

 ア:「あき。江戸時代の最小単位の通貨

 イ:「たび(履く)・などの大きさを表す単位。
   文は、2.4cm


成り立ち

象形文字です。「いてそこに入れ墨の模様を描く」象形

から「模様」を意味する「文」という漢字がちました。

※漢字が誕生した紀元前17世紀頃、中国では(入れ墨)という

すでに存在していました。(紀元前に孔子が編集した「書経」より)

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ブン」、「モン

訓読み:「ふみ」、「あや

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あき」、「いと」、「すじめ」、「とも」、「のぶ」、「のり」、「ひさ」、「ひとし」、
ふみし」、「ふむ」、「」、「」、「やす」、「ゆき」、「よし

画数

4画

部首

文(ぶん、ぶんにょう(文繞)、ふみづくり(文旁)

「文」を含む漢字一覧

部首解説:
「文」をもとにして、模様の意味を含む漢字ができている。

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る