漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「書」という漢字
「書」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「書」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かく

 ア:「文字や符号をペン記す見える残す
   (例:名前を書く)

 イ:「文章を作る」(例:日記を書く)

②「」(例:書物、書籍)

③「手紙」(例:家書)

④「文字」(例:楷書、草書)

④「文字のし方。文字を正しく、美し記す練習。」(例:書道)

⑤「された文字(筆跡)」(例:空海の書、書跡)

⑤「記録」(例:書契)

⑥「帳簿(金銭・物品の出し入れ、事務上の必要事項を記入
  するのノート)
」(例:書契)

⑦「詔勅(天皇の意思がされた)」(例:勅書、詔書)

⑧「意見を述べる」(例:上申書)

⑨「書経(五経のつ。中国最古の歴史書)の


五経とは、儒教ができる(基礎)となっている書物の

儒教とは、孔子(前552~前479)がいた、は武力ではなく、
  (人間性・性格・考えくするの行動で教え導き考え
  行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること)によって天下を
  治めるべきであるという思想の


成り立ち

会意兼形声文字です(聿+)。「に筆記用具を持つ」象形(「筆(ふで)」の

意味)と「台上に柴(しば)集めんで焚(た)く」象形(「集める」の意味)

から「事物を集めてかく」を意味する「書」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ショ

訓読み:「か(く)

常用漢字表外:「ふみ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
のぶ」、「のり」、「ひさ」、「ふむ」、「ふん

画数

10画

部首

①「聿(ふでづくり(筆旁))

「聿」を含む漢字一覧

②「曰(ひらび(平日)、いわく)

「曰」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る