漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「本」という漢字
「本」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「本」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「もと

 ア:「」、「草木の」(例:根本)

 イ:「物事の大切な部分」(同意語:)

 ウ:「農業」(例:農は国の本(もと))

 エ:「

②「ほん

 ア:「草木の」(例:本草、草本)

 イ:「物事の基礎。土台。」(例:基本、資本金)

 ウ:「物事の起こ」、「始まり」(例:本性、本能)

 エ:「中心となる部分」(例:本業、本社)

 オ:「この(近いや物事を指す)」(例:本書、本人、本日)

 カ:「正式の(法律・規則などで正しい認められている)」、
   「正しい」(例:本名、本物)

 キ:「習うたりいたりして学ぶべき物事」(例:手本、見本)

 ク:「書物」、「文書」(例:絵本、古本、台本)

 ケ:「から同じである」、「それが当たり前である」(例:本来)

 コ:「草木の数える

 サ:「書物を数える

③「それが土台となって起こる

[元・本・基・下の使い分け](もと)

」・・・物事の始め、最初の
     (例:火元、元議員)

」・・・物事の大切な部分
     (例:農業はの本)

」・・・助けとして用いる部分、物事を成り立たせる土台
     (例:資料をとする、とする考え)

」・・・広がっているものに隠れている部分、影響の及ぶ範囲
     (例:灯台下暗し、の下の平等)

成り立ち

指事文字です。の根元の部分に「しるし」を加えて「もと」を

意味する「本」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ホン

訓読み:「もと

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なり」、「はじめ

画数

5画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る