漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「習」という漢字
「習」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「習」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ならう

 ア:「ひな鳥が翼を動かした飛び方を習う

 イ:「繰り返し練習する

 ウ:「学ぶ」(例:学習)

 エ:「慣れる」、「手慣れる」、「熟練する」(例:習熟)

②「ならわし(しきたり)」(例:慣習)

③「重なる」、「重ね」、「積もる」、「積む

[習・倣の使い分け]

」・・・「繰り返し練習する、教わる。」(例:見習う)

」・・・「まねをする。その通りにする。」(例:前例に倣う)

成り立ち

会意文字です(()+白(曰))。「重なりあう羽」の象形と「口と呼気(息)

の象形から繰り返し口にして「学ぶ、なれる」を意味する「習」という漢字が

成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「シュウ

常用漢字表外:「ジュウ

訓読み:「なら(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あき」、「あきら」、「あけ」、「すけ

画数

11画

部首

①「羽・羽(はね、はねへん(羽偏))

「羽・羽」を含む漢字一覧

②「白(しろ)

「白」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る