漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「羽/羽」という漢字
「羽/羽」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「羽」は小学2年生で習います。「羽」は常用漢字外です。
「羽/羽」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順(羽)
意味

①「はね(は)

 ア:「や昆虫などの動物が飛ぶかすもの。う。
   (例:羽を広げる、羽翼)(同意語:)

 イ:「の全身を覆う柔らか。う。」(例:の羽、羽毛)

 ウ:「「ア」や「イ」のようなをしたもの。う。」(例:飛行機の羽、羽扇)

 エ:「の飛行方向を保つにつけるの「イ」

 オ:「バトミントンで用いる「イ」のようなをしたものが
    16枚植えこまれた


 カ:「水車で、回転体の周囲に取り付けた金属片

 キ:「紋所(家々で定めている紋章)の名前。「イ」のを組み
   合わせたをしている


②「」(例:羽鱗)

③「はねのかざし(竿の先端にキジの「①-イ」をつけたもので、
  舞う持つ)


④「「①-イ」でった、釣り浮き

⑤「五音・五声(宮・商・角・徴、羽)の1つ。最もんだ

※五音・五声とは、中国・日本音楽で、高さを分類するものの

⑥「助け」、「助けとなるもの」(例:羽翼)

⑦「仙人(って不老不死のを身につけた)」(例:羽客、羽化)

⑦「出羽 (でわ) 国(現在の山形県、秋田県(北東部除く))の

※出羽国とは、日本の律令制(7世紀後半-10世紀まで実施
  された制度)で設置された日本の地方行政区分のつである。
  この行政区分は、律令制廃止後も地理区分としていられた。

成り立ち

象形文字です。「の両翼」の象形から「はね」を意味する

「羽」という漢字が成り立ちました。

※「羽」は「羽」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「」、「はね

名前(音読み・訓読み以外の読み):「はもと」、「わね

画数

6画」(羽・羽)

部首

羽・羽(はね、はねへん(羽偏))

「羽・羽」を含む漢字一覧

部首解説:
「羽・羽」をもとにして、「の羽」、「羽に特徴のある」、「飛ぶ」の
意味を表す漢字ができている。

書き順(羽)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る