漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「入」という漢字
「入」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「入」は小学1年生で習います。「入」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「はいる・いる・にゅう」(反意語:)

 ア:「ある区切られた空間のから進む
   (例:映画館に入る、入場)

 イ:「加えられる」(例:が入る、模様の入った、混入)

 ウ:「あるにあるじる」(例:ガラスにひびが入る)

 エ:「ある制度に自分から加わる」(例:保険に入る、加入)

 オ:「特定の社会・集団・学校の一員となる
   (例:部活に入る、入学)

 カ:「一定の範囲の置く」(例:リットル入る)

 キ:「自分のになる」(例:大金が入る)

 ク:「気持ちやなどが内側にたまる」(例:が入る、没入)

 ケ:「利用できるよう設備される」(例:コピーが入る)

 コ:「などで感じとられる」(例:に入る)

 サ:「ある時期・地点に至る」(例:雨期に入る)

 シ:「次第にってある状態に達する」(例:物語が佳境に入る)

②「いれる・にゅう

 ア:「外側にあるものを、ある範囲、内側の場所に移す
   (例:に入れる、搬入)

 イ:「加える混ぜる」(例:を入れる、注入)

 ウ:「あるにあるじさせる」(例:ガラスにひびを入れる)

 エ:「ある制度に加えさせる」(例:保険に入れる、入籍)

 オ:「特定の社会・集団・学校の一員にする」(例:に入れる)

 カ:「一定の範囲の中に含める」(例:リットル入れる)

 キ:「気持ちやなどが内側にためる」(例:を入れる)

 ク:「利用できるように設置する」(例:コピーを入れる)

 ケ:「などで感じとらせる」(例:に入れる)

 コ:「支払うべき納める」(例:家賃を入れる、入金、納入)

 サ:「ある範囲・数量に含める」(例:計算に入れる)

 シ:「挟(はさ)む」(例:窓枠にガラスを入れる、休憩を入れる)

 ス:「ある作用を加える」(例:文章にを入れる)

 セ:「受け止めて・認めてもらうように頼む」(例:詫びを入れる)

 ソ:「十分に注意する」(例:を入れる、入念)

 タ:「して、などを出す」(例:おを入れる)

 チ:「操作を加えたりして、電気・明かりをつける」(例:スイッチを入れる)

 チ:「相手に連絡する」(例:電話を入れる)

③「いり

 ア:「から、ある場所や社会移る」(例:仲間入り)

 イ:「あるっている。また、その程度」(例:客入り)

 ウ:「沈む

 エ:「必要な費用」(例:入用、入費)

 オ:「られたお。にゅう。」(例:入りが少ない、収入)

 カ:「ある時期・期間始まる最初の」(例:彼岸の入り)

④「しお(染めを染料(着色料)に漬(ひた)す回数を数える

⑤「その動作や状態の程度が非常にくなってしまったり、その状態に
  すっかりなってしまったりする意味を表す
」(例:入る、れ入る)

⑥「(「いらせ給ふ」「いらせらる」で)「来る」「行く」「居る」の
  意味を表す


⑦「来る」(例:入朝)

⑧「帰る

⑨「にやる

⑩「人質にする

⑪「身投げ(自殺)する」(例:入水)

⑫「関わる」(例:介入)

⑬「仏教で真理を悟る(理解する)」(例:悟入)

※真理とは、迷いいて永遠に変わるのない物事の
  正しい道筋を理解して自分のものにするいます。

⑭「興行場(入場料をとってに演芸やスポーツせる場所)
  の


⑮「漢字音の四声のつ⇒入声(詰まって発音される)

⑯「必要とする」(例:入用、入費)

成り立ち

象形文字です。「入(い)り口」の象形から「はいる」を意味する

「入」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ニュウ

訓読み:「い(る)」、「い(れる)」、「はい(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「いり」、「いる」、「しお」、「なり

画数

2画

部首

入(いる、いりがしら(入頭)、いりやね(入屋根)、にゅう)

「入」を含む漢字一覧

部首解説:
」、「」のは、旧字体では、「入」のであった。
また、「」の旧字体も「」とかれ、いずれもこの部首にしていた。

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る