漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「帰/歸」という漢字
「帰/歸」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「帰」は小学2年生で習います。「歸」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(帰)
意味

①「かえる

 ア:「自分のた場所に戻る。き。」(例:に帰る、帰宅)

 イ:「いる場所を離れ去る」(例:が帰る)

 ウ:「野球で、ランナーが本塁をんで得点になる
   (例:走者が帰る)

②「かえす

 ア:「自分のいた場所へ行くように仕向ける」(例:に帰す)

 イ:「野球で、ランナーが本塁を踏むようにさせる」(例:走者を帰す)

③「きする

 ア:「あるところに落ち着く。最後にはそうなる。
   (例:努力が水の泡に帰する、帰着)

 イ:「・責任のせいにする
   (例:責任を部下に帰する)

 ウ:「従う。味方する。き。」(例:帰順、帰服)

 エ:「信仰(などを信じる)するようになる。き。」(例:帰依)

④「嫁(とつ)ぐ(行く)」(例:帰寧、帰嫁)

⑤「往(ゆ)く(目的地へ向かう)」(例:帰向、帰往)

⑥「寄せる」(例:帰国、帰向)

⑦「寄せる所。故郷。」(例:帰省)

⑧「任(まか)せる」、「委(ゆだ)ねる」(例:帰属)

⑨「終わる」、「死ぬ」(例:帰元)

⑩「贈る」、「与える

[帰・返の使い分け](かえる・かえす)

」・・・「人間が戻る場合」(例:へ帰る)

」・・・「人間以外の物事が戻る場合」(例:野生に返る)

成り立ち

会意文字です。「供える」の象形と「ほうき」の象形から、

が無事にかえったに清潔にした場所でに感謝を捧げる

さまから、「かえる」を意味する「帰」という漢字が成り立ちました。

※「帰」は「歸」の略字です。

※「歸」は「帰」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

常用漢字表外:「」(歸のみ)

訓読み:「かえ(る)」、「かえ(す)

常用漢字表外:「おく(る)」、「とつ(ぐ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「もと」、「ゆき」、「より

画数

10画」(帰)

18画」(歸)

部首

「帰の部首」
巾(きんべん(巾偏)、はば、はばへん(幅偏))

「巾」を含む漢字一覧

「歸の部首」
①「止(とめる、とめへん(止偏))

「止」を含む漢字一覧

②「巾(きんべん(巾偏)、はば、はばへん(幅偏))

「巾」を含む漢字一覧

書き順(帰)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る