漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「贈/贈」という漢字
「贈/贈」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「贈」は中学生で習います。「贈」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おくる(心をこめて与える)

 ア:「感謝や今後の幸せを祈って人に金品などを与え」(例:寄贈)

 イ:「詩文・言葉を与え」(例:贈言)

 ウ:「(死後に)地位や称号を与え」(例:贈位)

②「おくりもの(心をこめておくる)

③「物を与えて増やす

成り立ち

会意兼形声文字です(+())。「子安貝(貨幣)」の象形と「蒸気を

発するの器具の上に重ねた、こしき(米などを蒸すための土器)から

蒸気が発散している
」象形(「かさねる」の意味)から、相手に金品を与え

増やす事を意味し、そこから、「おくる」を意味する「贈」という漢字が

成り立ちました。

※「贈」は「贈」の旧字(以前に使われていた)です。

※「贈」は「贈」の略字です。


読み

音読み:「ソウ」、「ゾウ

訓読み:「おく(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ます

画数

18画」(贈)

19画」(贈)

部首

貝(かい、かいへん(貝偏)、こがい)

「貝」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る