漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「貝」という漢字
「貝」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「貝」は小学1年生で習います。 「貝」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「かい

 ア:「水中に住むする軟体動物(軟らかく、・内臓
    からなるが、明らかな区別はできない動物)の総称


 イ:「「ア」がっている」(例:貝殻)

 ウ:「「ア」のった

 エ:「ほらがい(フジツガイ科の巻き貝)

 オ:「ほらがいにてて吹くをつけたもの。時刻を
    知らせたり、武士の出撃の合図などに用いられた。


 カ:「貝合わせ(「ア」がっている美しさを競う遊び)の

②「」、「」、「貨幣」(、きれいな貝殻を貨幣として利用していた。)

③「(あや)(模様)」、「水中に住むする軟体動物の
  た模様


④「の名前(貝多羅(モチノキ科の常緑高木)の)

成り立ち

象形文字です。「子安貝(こやすがい)」の象形から「かい」を意味する

「貝」という漢字が成り立ちました。

子安貝
とは・・・小型ではあるが非常に美しい貝です。古代中国

(紀元前17~10世紀)では貨幣として使用
されていました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「バイ」、「ハイ

訓読み:「かい

名前(音読み・訓読み以外の読み):「たか

画数

7画

部首

貝(かい、かいへん(貝偏)、こがい)

「貝」を含む漢字一覧

部首解説:
「貝」をもとにして、金銭・財貨や、それらに関わる行為・状態など
に関係する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る