漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「似」という漢字
「似」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「似」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「にる(あるや人が他の同じように見える、性質・状態などが
   ほとんど同じである)
」(例:類似)

②「にせる(まねる)

③「ごとし(似ている、~と同じだ、~のようである、~らしく見える)

④「継ぐ

⑤「見せる」、「示す

⑥「贈る

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「から」の象形(「」の意味)と

農具:すき」の象形(すきを用いて耕すの意味から、じて(派生して・

新しい意味がかれて)、「用いる」の意味の意味だが、ここでは、

前の事態が解消されて、新しい事態が始まる」の意味))から先祖の後を

つぐ人、まねるを意味し、そこから、「つぐ」、「まねる」、「にる」を意味

する「似」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

常用漢字表外:「

訓読み:「に(る)

常用漢字表外:「ごと(し)」、「そぐ(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あえ」、「あゆ」、「あり」、「あれ」、「」、「かた」、「ちか」、「つね」、「のり

画数

7画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る