漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「離」という漢字
「離」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「離」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「はなす

 ア:「くっついているものを分け

 イ:「その位置から遠ざける

 ウ:「2つのものの間に隔たり(距離)を作る

 エ:「視線を別の所に移す」(例:目を離す)

 オ:「捨てる

 カ:「除く」、「はずす

②「はなれる

 ア:「くっついているものの一方が動いて別々になる」(例:地から足が離れる)

 イ:「遠ざかる

 ウ:「間にかなり距離がある」(例:家と学校はだいぶ離れている)

 エ:「二つの数値・地位などに隔たりがある」(例:年の離れた弟)

 オ:「別れる」(例:離婚)

 カ:「取り決めたことや目上の考え・命令などに従わずに反抗
    したり反対したりする
」、「そむく」、「さからう」(例:背離)

 キ:「避ける

 ク:「関係がなくなる」(例:離れられない仲)

 ケ:「信頼を失う」(例:恋人の心が離れる)

 コ:「ある柄に対する思いがなくなる」(例:好きな人のが頭から離れない)

 サ:「職務(担当している仕事)や仕事をやめる」(例:会長職を離れる)

③「かかる

 ア:「ひっかかる

 イ:「偶然会う」、「予想していなかった出来事にあう

 ウ:「災い(人に不幸をもたらす出来事など)を身に受ける

④「並ぶ」、「2人並ぶ

⑤「2つ」、「つい(対)

⑥「連なる」、「連ねる

⑦「日時が過ぎる」、「時がたつ

⑧「応ずる

 ア:「相手の働きかけに対応して行動を起こす

 イ:「呼びかけに返事をする」、「応答する

 ウ:「の変化に合わせて、それにふさわしく対応する

⑨「うれい(予測される悪い事態に対する心配)」

⑩「垣根(敷地を限るために設ける囲いや仕切り。竹や植木などで作る)

⑫「やまなし(バラ科の落葉大高木。果実はナシに似るが小形で、
   黄色または紅色に熟す)


⑬「なし(バラ科ナシ属の落葉高木。ナシ属には西洋ナシ・中国ナシなどがある)

⑭「明らか

⑮「

⑯「易の卦の名前

 ア:「八卦の1つ。物では火に、方位では南に配する

 イ:「六十四卦の1つ。順番を守れば、がみな成るかたち

⑰「の姿・性質・ありさまなどを言い表す」(例:離離)

⑱「みずち(水にすみ、蛇に似た動物。または、水神の名前。)


[離・放の使い分け](はなれる・はなす)

」・・・「分かれて大きな隔たり(距離)ができるに重点を置く場合
      (例:故郷を離れる、目を離す)

」・・・「分かれて束縛がなくなるに重点を置く場合
      (例:犬を放す、見放す)

成り立ち

会意兼形声文字です(离+隹)。「頭に飾りをつけた獣」の象形と「尾の短い

ずんぐりした小鳥
」の象形から、「チョウセンウグイス」の意味を表したが、

「列・刺」に通じ(「列・刺」と同じ意味を持つようになって)、切れ目を入れて

はなす」を意味する「離」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

訓読み:「はな(す)」、「はな(れる)

常用漢字表外:「かか(る)」、「つ(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あき」、「あきら」、「つら

画数

19画

部首

隹(ふるとり(古鳥)

「隹」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る