漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「家」という漢字
「家」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「家」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「いえ

 ア:「住むの建物。住まい。うち。か。
   (例:大きな家、家で遊ぶ、家屋)

 イ:「自分のんでいる建物。自宅。うち。か。
   (例:明日は家にいる、実家)

 ウ:「夫婦・親子・兄弟など血縁(繋(つな)がり))の近いものが
    生活をにする小集団。か。
」(例:結婚して家を構える、家族)

 エ:「祖先から代々いてきた血族(繋(つな)がり)のある)
    としてのまとまり。また、その伝統的な名誉や財産。か。

   (例:家を継ぐ、家名)

 オ:「先祖がっている社会的地位。特に良い社会的地位に
    ついて言う。け。
」(例:医者の家に生まれる、良家)

 カ:「。か。」(例:家婦、家人)

 キ:「出家(永遠に変わるのない物事の正しい順序・考え
    自分のものにするに、家庭生活を捨て、修行に最もすると
   われる環境にって修行する)せず、自宅にいながら、
   永遠に変わるのない物事の正しい順序・考えを自分のもの
   にしようとする。け。
」(仏教語)(例:在家)

仏教とは、仏教をいた釈迦(しゃか)のいた、となる
  教え

②「」(同意語:)

 ア:「住むの建物。住まい」(例:我が家)

 イ:「屋根」(例:家の上る)

 ウ:「それを売買するやその建物を意味する」(例:菓子家)

 エ:「そのような性質(特徴)の言う。か。」(例:がんばり家、革命家)

 オ:「雅号(文筆家・画家・学者が、本名以外にける名前)として
    用いる
」(例:鈴の家)

 カ:「役者の一族にけられる名前として用いる」(例:紀の国家)

 キ:「商業んでいる建物の名前として用いる」(例:越後家)

 ク:「そのことを専門にしている、ある技術に優れているなどを
    して言う。か。
」(例:技術家)

③「財産。収入と支出の状態。」(例:家計)

④「故郷(ふるさと)」(例:家郷)

⑤「

⑥「」(例:国家)

⑦「学問・技芸の流派(方法・考えによって区別されたものの1つ)
  (例:道家、儒家)

⑧「学派(学問で方法・考えによって区別されたものの1つ)に
  する学者、技芸者
」(例:道家、儒家)

⑨「住む

⑩「世帯(住居と財産を同じくする集まり)を持つ

⑪「名字にいて、その一族またはその構成員である表す
  (例:佐藤家)

⑫「官職・称号(地位・身分・資格表す名前)にいて、
  敬意(尊敬する気持ち)を表す
」(例:将軍家)

成り立ち

会意文字です(宀+豕)。「の屋根・家屋」の象形と「の突き出ている、

いのしし
」の象形から「いのししのいけにえを供える神聖な

し、そこから、そこを中心とする「いえ」を意味する「家」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

常用漢字表外:「」、「

訓読み:「いえ」、「

常用漢字表外:「うち

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「」、「やか」、「やす

画数

10画

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る